JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1100
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

友人が昨年の夏に仕事中に倒れて医師から「パニック障害」診断され今年の3月まで休職をしておりました。休職中の取り扱いに

解決済みの質問:

友人が昨年の夏に仕事中に倒れて医師から「パニック障害」診断され今年の3月まで休職をしておりました。休職中の取り扱いについては本人もどんな形になっているのかも知らず、保存休暇・有給休暇での休職扱いとなっていることに数ヵ月後に知り、年度が変われば20日の有給休暇が与えられると思ってたようです。しかし、実際復帰が決まり上司より話を聞くと労基法で「6ヶ月以上継続して働いて8割以上出勤しないともらえない」事を初めてその時に知り、現在は有給休暇もなく体調不良の場合は欠勤での休みとなっているようです。上司は部署に「就業規則」の書類が置いてあるからと本人は知っているつもりで思っていたようです。しかし、それはおかしいのではないかと思います。もう一人の知人も同職場なのですが知らなかったと言っておりました。会社側は友達が休職に入った時点で一言説明なり、相談があっても良かったのではないでしょうか?それと労災の件について、申請も迷っているようです。ケガなどの外見から分かる仕事中の事故などでは直ぐに労災処理が認められるみたいですが。精神疾患の病気は労災としては認めてもらえないのでしょうか?仕事中に倒れその前にも仕事のストレスが原因で両眼瞼・右顔面痙攣にもなり、パニック障害も仕事のストレスが原因だと言われたようです。毎晩遅くまで残業をして、朝も早めに出勤しての毎日の労働で休む間もなく、休日も会社に出ていたようです。だだ、残業は会社から規定範囲を超えると色々と言われるらしくほぼサービス残業をしていたようです。その事にも苦しんでいたようです。一度は部署異動で復帰をしたようですが、環境の変化や業務内容の違いに馴れず病院に通院しながら現在も休職しているようです。もしかしたら、職場復帰はむりかもしれないと言っているくらいなのでかなり深刻な状態のようなんです。そんな彼女の悩みの力になりたくて何処に相談をしたら良いのか分からず、こちらのサイトにたどりつきました。また、その会社の1番の責任者である役職の方も部下が改善提案を提出しても自分の所で書類を止めて直ぐに対応もしてくれないみないなんです。有給休暇の申請を出したら個人的な理由で必要な期間を申し出ているのに「そんなに必要なの?」と言った言葉を返されるみたいなんです。この方は勤務中の部下の必要以外の私語を注意する事もできない方のようです。社内の雰囲気もそういった事が積もり積もってかなり悪いみたいなんです。何か良い解決方法はないでしょうか。友達は匿名で労基署に通報しようかなっともいっているのですが・・・。宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

ご友人の職場での出来事、ご心痛お察し申し上げます。

有給休暇は労働基準法39条で認められた労働者の権利であり、原則として労働者の請求する時季に与えるべきものです。会社が勝手に消化させるものではありません。

したがって、会社が勝手に休職中に有給休暇を消化させる行為は正しくありません。

ただ、逆に休職中に有給休暇を取得したいという方もけっこういらっしゃいます。その場合、休職中は労働義務の免除された日であり、有給休暇を取得できません。なぜなら、有給休暇は労働義務のある日について請求できるものだからです。

休職発令により従来配属されていた所属を離れ、以後は単に会社に籍があるにとどまり、会社に対して全く労働の義務が免除されることとなる場合において、休職発令された者が年次有給休暇を請求したときは、労働義務がない日について年次有給休暇を請求する余地がないことから、これらの休職者は、年次有給休暇請求権の行使ができないと解する。」(昭24.12.28基発1456号、昭31.2.13基発489号)

休職中に有給を取得したくても取得できない方もいらっしゃることを考えますと、勝手とはいえ、消化させてもらったと良いように解釈することもできると思います。有給の時効は2年ですので、消滅しないうちに取得できたとも考えることはできます。

勝手に消化扱いにしたことについて、争われる場合は労働基準監督署への相談や労働局のあっせんが考えられます。


>精神疾患の病気は労災としては認めてもらえないのでしょうか?

→ 精神疾患だから労災として認められないということはないです。認められにくいという現実はありますが、証拠があるのとないのとではぜんぜん違います。

>毎晩遅くまで残業をして、朝も早めに出勤しての毎日の労働で休む間もなく、休日も会社に出ていたようです。だだ、残業は会社から規定範囲を超えると色々と言われるらしくほぼサービス残業をしていたようです。

→ タイムカード等で残業時間を証明できて、その残業時間が多ければ多いほど労災は認められやすいです。

今後の対処法ですが、ご友人の意思が大切です。ご友人が職場の長時間労働などの改善を求められ、職場復帰を考えておられるならば、実名で労働基準監督署に申告すると、会社に知れ渡るので、匿名を希望されると良いでしょう。

ご友人が退職しても良いということですと、匿名よりは名を明かしたほうが労働基準監督署も動きやすいです。労災申請については残業時間と証拠の有無によって検討されると良いでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ekotae様


 


早速のご回答、有難うございます。


友人として相談させていただきましたが、実は私本人の事です。


大変失礼を致しました。勇気を出して相談をして良かったです。       


 


>有給休暇は労働基準法39条で認められた労働者の権利であり、原則として労働者の請求する時季に与えるべきものです。


したがって、会社が勝手に休職中に有給休暇を消化させる行為は正しくありません。


この件は実際に会社が勝手に消化させてましたので近くの労基署へ相談をしようと思います。その場合は、匿名ではなく実名となりますでしょうか?


 


労災の件は、残業は自己申請なので42時間が規定になっているのでオーバーしないように調整をして申請をしておりました。今後も今の職場で働きたいと思うので匿名で申告をしようと思っております。長期労働時間については、現在残業なしでの勤務を命じられているので問題はないのですが…。
部署異動の話があった際にあった配属先と復帰後配属された部署が全く違っていた事にもビックリして、実際に今いる部署の方々もいつから異動になるのかも知らず全てが事後報告の状態なのです。その事にも動揺して現在も会社に行くと発作がおきて仕事にならく、有給休暇もないしと思って頑張って4月から2ヶ月働きましたが実際には無理で、泣く泣く欠勤で一週間ほど休み、医師に診断書を書いてもらい病欠として休職しております。働きやすい職場環境を求めても良いのでしょうか?例えば、机の配置替えなど等…。とにかくうちの会社は独特の悪い雰囲気のある職場で実際に、上司の事やそういった理由で体調を壊して何人もの従業員が辞めているみたいなんです。他の管理職に相談しても全く動いてくれずに悩みは膨らむばかりで、もうこうなったら労基署に調査に入ってもらって改善していく道しかないのかなと思っているのです。


 


私も条件上転職は無理なので、なんとか残って頑張って働き続けたいのですが…。どうしたらよいのか分からず悩んでおりました。


正直申しますと、今後も職場復帰ができない状態であれば会社に賠償金を請求したいくらいに怒りがあります。


これも民事裁判とかになってくるのでしょうか…。


本来はそこまで問題にはしたくないのですが…。心が痛むばかりです。


何か良い方法がありましたらアドバイスをお願い致します。


 


 


 

専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

お返事ありがとうございます。

ご本人様の相談だったのですね。
できるだけ特定されないようにというお気持ちは理解できます。

>この件は実際に会社が勝手に消化させてましたので近くの労基署へ相談をしようと思います。その場合は、匿名ではなく実名となりますでしょうか?

→ 労働基準監督署への相談だけでしたら名前を明かさなくても大丈夫です。


>労災の件は、残業は自己申請なので42時間が規定になっているのでオーバーしないように調整をして申請をしておりました。今後も今の職場で働きたいと思う ので匿名で申告をしようと思っております。長期労働時間については、現在残業なしでの勤務を命じられているので問題はないのですが…。

→ 実労働時間が重要です。規定が42時間となっていても現実に42時間を超えて働いていた場合は、超えた時間分も労働時間であり請求もできます。残業代の請求は2年間さかのぼって可能です。
仮に42時間分しか証明できない場合は、労災と認められにくいでしょう。
いずれにしても、サービス残業は労働基準法違反ですので、労働基準監督署に申告することができます。匿名申告も可能です。今後も今の職場で働くことを希望とのことなので、仰る通り匿名が良いと思います。


>有給休暇もないしと思って頑張って4月から2ヶ月働きましたが実際には無理で、泣く泣く欠勤で一週間ほど休み、医師に診断書を書いてもらい病欠として休職しております。

→ 傷病手当金は会社に申請してもらっていますでしょうか。傷病手当金は一定の条件を満たすことで健康保険から支給される社会保障で1日につき標準報酬日額の3分の2が支給されます。


>働きやすい職場環境を求めても良いのでしょうか?例えば、机の配置替えなど等…。

→ ご病気の考慮を求めることはできます。


●都道府県の労働局長による助言・指導
都道府県の労働局長による助言・指導 を求めることも可能です。労働局長による助言・指導とは労働局長が個別労働紛争の問題点を指摘し、解決の方向を示唆することにより紛争当事者が自主的に紛争を解決することを促進する制度です。ただ、これは基本的には匿名では応じてくれません。相談だけでたら匿名でも大丈夫です。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問