JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 416
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

昨年の1月から会社の上司と人事に鬱と判断され傷病休暇を半ば強引にとらされました。実際には大分前から鬱で病院に行ってお

解決済みの質問:

昨年の1月から会社の上司と人事に鬱と判断され傷病休暇を半ば強引にとらされました。実際には大分前から鬱で病院に行っており誰も気が付かないほどの状況で出勤しておりました。
そのご会社から通勤訓練として4月5月毎日9時に会社に行くだけの状況が続き6月3日に復帰しました。その時の交通費は出ないのかと人事に聞きましたが通勤訓練は仕事ではないので何も出ませんということでしたが、私はすぐに復帰したかったのに9時に毎日会社に行き職場にもよらずにそのまま帰宅するという日々でした。
一つの問題はこの場合通勤費は出ないのは仕方がないのかということがひとつです。
もう一つが復帰したのが6月3日でしので3月25日入社の私には昨年度の出勤率が80%にみたないので今年度は有休が発生しなくゼロということでした。会社命令で昨年度は2か月以上も休まされた上、有休が0では体調不良で休むと欠勤になり給与から日当部分をひかれます。
これらは甘んじて受け入れるしかないのでしょうか、ご相談申し上げます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 3 年 前.
大変な状況の中ご相談下さいまして誠に有難うございます。

文面内容を拝見させて頂きました。

確かに復職前の通勤訓練(リハビリ出勤)の場合ですと、労働時間扱いされないケースが多いですので、貴方の場合もその間の給与を受ける事は出来ないと考えられます。また、労働時間でなければ通常の通勤ではない為、通勤費を受けられなくても仕方ない場合がある件は否めません。

しかしながら、貴方の場合ですと会社側から一方的に傷病休暇を取らされており、さらには通勤訓練も一方的に指示されているように思われます。

たとえ鬱であっても、勤務可能な場合が当然ございますので、もし貴方が普段支障無く業務をこなしていたという事でしたら、こうした休暇や訓練の強要は雇用契約に関わる債務不履行となる可能性がございます。

仮に債務不履行となれば、貴方がそれによって受けた損害について賠償請求する事が可能です。その場合、通勤費や有休の権利のみならず、休暇や訓練と称された日の給与も当然請求対象となります。

対応としましては、やはり労働基準監督署へ行かれてあっせんの手続を進められるよう相談されるのがよいでしょう。その際、あっせんを有利に進める為には貴方が勤務可能であった事を示す客観的証拠(主治医の診断書)を示される事が必要です。

勿論、会社にも安全配慮義務がございますので、病気の程度等によっては会社の判断が適切とされる可能性も否定できません。従いまして、必ずしも貴方に有利な解決案が示されるとは限らない件は念頭に置かれた方がよいでしょう。

但し、通勤費は出さなくとも、交通費として費用はかかっているわけですから、支給が無い事の説明が事前になかったならばその点は会社側の不手際といえますので、しっかりと説明される事が重要です。診断書の提示が難しければ、この通勤費負担の件を強調されてもよいでしょう。

いずれにしましても、何もせずに受け入れるよりは、行政の力を借りて対応を図られるべきと考えます。ただ、今後の事もございますので、裁判にしてまで争う事は避けた方が望ましいですし、出来れば交通費位は出して欲しいといったスタンスで臨まれた方が良いのではと感じます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

労基署に行けばという答えは若干期待外れbであった。


もっと詳しい答えを期待していたのですが、

質問者: 返答済み 3 年 前.

アドバイスありがとうございます。


労基署に相談するというのは想定内すぎて期待通りではありませんでした。


あっせんはあまり効果がないときいておりましたのでもっと違うアプローチがあればと期待しておりました。


遊休のない私にとっては代償も大きく完全に効果がないと困るなとかんがえましたので効果があるものかと思案しておりました。


 


以上の点が私が懸念したところです。

専門家:  jinjiconsul 返答済み 3 年 前.

ご返事下さいまして感謝しております。 確かにおっしゃる通りで、あっせんで貴方に必ずしも有利な結果が出るとはいえません。 ただ、それでは他に何か有効な手段があるかといえば、特にないものと考えられます。 先にも申し上げました通り、裁判でも費用がかかるだけで逆に貴方が損を重ねる可能性が高いでしょう。 効果が保障されなくとも、あっせんであれば無料で容易に手続が進められますのでリスクも少ないですし、何もしないより良いと思いますが、どうしてもあっせんの相談をされるのは気が進まないでしょうか‥ 勿論、他により確実で有効な手段があればお勧めしますが、いい加減な事をいって期待を膨らませた結果貴方を失望させることになるといけませんので、このようなアドバイスになります件ご理解頂ければ幸いです。 後は貴方の判断にお任せいたします。是非、お体を大事にされてお仕事での活躍されることをを願っております。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問