JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1101
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

境界例と思われる責任者がいる部署で働いています。境界例という診断は受けておらず、症状を精神科医に相談したところ、断定

質問者の質問

境界例と思われる責任者がいる部署で働いています。境界例という診断は受けておらず、症状を精神科医に相談したところ、断定はできないとのことでしたが、なんらかのパーソナリティ障害であるとの見解でした。 人事のある本社は違う都道府県にあり、日常的に受ける少人数のスタッフの苦痛を和らげるすべもなく、高性能境界例特有の仕事が出来る(営業成績と外面だけいい)ので、半信半疑の様子で 本社のその責任者の直属の上司が打つ手はすべて裏目に出ている状態です。 本人は数年前から鬱病と診断されており、抗精神薬を4年くらい服用していると思います。 そのことを詳しく知っている上司が一年前に退職し、それから攻撃性が強まったと思います。ようはストッパーがいなくなった感じです。現在の主な被害は次の通りです。
1.部下におごらせる。また、ランチのときの端数を支払わせる。
2.部下に、自分が買ったいらないものを売りつける。
3.部下に本来自分がしなければならない仕事を押し付ける。
4.部下に自分が購入したチケット類を売りつけ利益を上げる。
5.部下にネットオークションでいらないチケットの転売を命令する。
6.部下がいらないといっているのに、無理やり買い物をさせてお金を使わせる。
7.部下が言う事をきかないと営業資料をストップするなど利益にかかわる制裁を加える。
8.部下の休みの日でも執拗にメールや電話で私用の命令をする。
9.部下にゴミを投げつけてくる。
10.部下の机の上を荒らす。
11.私用の言う事を聞かない場合も、転勤などを示唆してくる。
12・机に蹴りを入れてきたり、おにぎりを叩きつぶしたりする。
13.自分の引越しの手伝いをさせる。
14.一人一人順番にサンドバックにする人間を決めて執拗にいじめ退職に追い込む。
など、もっときりがないほどにあります。
精神科医は、鬱病が営業成績トップなどはありえないと断言していました。
会社が、この状態を放置とはいかないまでも、営業成績の良いこの上司のかたを持ち、環境の文句を言うななどというその姿勢にも疑問を感じてきました。
どういった対処がのぞましいでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

職場での出来事、ご心痛お察し申し上げます。

平成24年に厚生労働省がパワハラの行為類型として次のように発表しています。

(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

ご相談の1~14の場合、少なくとも(2)と(4)と(6)に該当します。

会社には職場環境配慮義務がありますから、こうした問題に対して、当然、配慮しなければいけません。

会社はまったく放置しているというわけではないようですが、「営業成績の良いこの上司のかたを持ち、環境の文句を言うななどという姿勢」があり、長い間、責任者の行為が続いているようなので、職場環境配慮義務違反と言えるでしょう。

会社には職場環境配慮義務に基づき早急に対処するように求めてください。
また就業規則があれば、責任者の行為はあきらかに就業規則の規定に反しているはずなので、就業規則に基づく対処も求めるのが良いでしょう。

それでも会社が何ともできなければ、もはや会社内部での改善は困難であると考えられるので、外部の力をかりざるを得ません。具体的には、労働局長の助言・指導を求めてください。

労働局長による助言・指導とは労働局長が個別労働紛争の問題点を指摘し、解決の方向を示唆することにより紛争当事者が自主的に紛争を解決することを促進する制度です。会社住所を管轄する労働基準監督署又は直接労働局に相談すれば対応してくれます。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


ekotae様


 


お世話になっております。


この度は、迅速に分かりやすいご回答をありがとうございました。


この2ヵ月、会社の取り組みを見てまいりましたが、


人事部はともかく、


営業本部長の対応に疑問を感じ、


本日ゴミをぶつけられたこと、他の業務妨害を報告しても、


「そんなことを言っても仕方ない」などと言われて終わり、


私ももう、こりゃ駄目だなと思ってしまいまして、


まず一度外部の方の意見をお伺いしたいと思いました。


 


外部に相談することで、楽になりました。


ありがとうございました。


 

専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

ご丁寧なお返事ありがとうございます。
また評価くださいましてありがとうございます。

お役に立てたようで幸いです。
ご相談の件が良き方向に向かうことを願っております。
頑張ってください。

雇用・労働 についての関連する質問