JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

1月から歯科で、受付、講習会の部門の書類作成、データ入力の仕事をしています。この歯科医院での仕事も6か月目になりまし

解決済みの質問:

1月から歯科で、受付、講習会の部門の書類作成、データ入力の仕事をしています。この歯科医院での仕事も6か月目になりましたが、雇用の契約をずるずるとのばされ、まだ契約がなされていない状況です。この他に歯科の勉強会のグループの事でも少し動いることもあり(海外の先生を日本に招くコーディネートや個人輸入の手伝い)、この歯科は、私に自営業として登記を勧めたので、5月29日に税務署に個人事業主としての登録を致しました。 この歯科での仕事は月曜から金曜までびっちり5日で、フルタイムです。 個人事業主として登記をしたので、自分からこの歯科医に1か月の給与としての請求を私からするべきですか? この歯科医は外注で
契約、経理をしている会社を使っており、他の社員は皆この会社が契約をしています。4月の時点で月18万の給与、電車賃という口約束で仕事をしておりましたが、一向に契約をしてくれず、、今に至り、個人事業主となるように言われました。雇用される場合は、通勤の手当てがついていましたが、個人事業主となったばあい、通勤手当は請求できないのでしょうか? そういうものは
経費として引き落とせると言われています。
私としては、18万プラス電車賃をこの歯科から給与扱いとしてもらい、個人事業主として登記している部分は青色申告をしていこうと考えていますが、それは可能な事なのでしょうか?
外注の会社が来て話をされる前に可能か不可能を知りたく思います。 有給休暇については
この歯科は1年目はなしとなっていますが、それは労働基準法下でありえる事ですか?
契約も整っていないのに、今度は英語の文献の翻訳もしてくれなどと言い始め、いいようにされるような気がしてなりません。 ご返答お待ち申し上げます。よろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

さっそく回答させていただきます。
労働者であるか、外注であるかによって回答は全く違ってきます。
【労働者】
・会社の指揮命令下で働く
・賃金をもらう(通勤費等の手当が定められている場合はそれらも含む)
・労働基準法の適用がある(有給休暇や休憩、休日などの法的定めがある)


【外注】
・委託者からの委託内容を受託して作業をする
・委託者の指揮命令下で働くことはない(自分の裁量で働く)
・労働基準法の適用は無い


このうえで、ご相談に回答させていただきます。

①個人事業主となったばあい、通勤手当は請求できないのでしょうか? そういうものは経費として引き落とせると言われています。
⇒個人自営業の場合は委託者との契約で全て決まります。通勤手当を支給する、という内容で受託契約を締結すれば当然請求は可能です。つまり全ては契約で定めてあるかどうかです。


②18万プラス電車賃をこの歯科から給与扱いとしてもらい、個人事業主として登記している部分は青色申告をしていこうと考えていますが、それは可能な事なのでしょうか?
⇒このやり方は可能です。
「個人事業主として登記している部分」というのはわかりませんが、給与所得者と個人自営業者が同一人物、つまり自営業者が会社勤めをして賃金収入を得る、というのは何ら問題ありません。


③有給休暇についてはこの歯科は1年目はなしとなっていますが、それは労働基準法下でありえる事ですか?
⇒労働者であればあり得ません。労働者であれば勤務開始から6ヶ月でまず最初の有給休暇が付与されます。
ですが外注で仕事を受けるのであればそれは労働者ではありませんので、労働基準法の適用は無く、そもそも有給休暇というものが存在しません。

質問者: 返答済み 3 年 前.

早速にご返答ありがとうございました。


質問に対しての答えは理解致しました。


追加の質問として伺います。 


個人事業主としての収入と歯科医院からの収入で合わせても300万いくか


どうかの収入と思われます。 給与として渡される場合は所得税などが


引かれて渡されます。個人事業主として仕事を受けて青色申告を行ったほうが税金の面を考えると得だろうと歯科医院から言われています。


歯科医院は私に対しては、厚生年金もしない、健康保険もない、


すべて私が国民年金、国民健康保険を支払わなくてはなりません。


私にとってどういう形態が一番得なのかを知りたいと思います。


 


自分から契約書を作成するに際して、フォーム、または参考になるサイトがあったら教えて頂きたいと思います。


 


よろしくお願い致します。


 


よろしくお願い致します。


 


 


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.

ご返信、ありがとうございます。 こちらは雇用・労働の専門家が待機しているカテゴリーになりますので、恐れ入りますが契約書フォーマット等に関するご相談は「企業法務」「法律」などのカテゴリーにご投稿いただけたらと存じます。そのジャンルの専門家が回答するシステムになっておりますので何卒ご了承ください。

 

「歯科医院は私に対しては、厚生年金もしない、健康保険もない、すべて私が国民年金、国民健康保険を支払わなくてはなりません。私にとってどういう形態が一番得なのかを知りたいと思います。」

⇒個人差の出る内容ですので確たる「正解」というものはありません。仕事がガンガン受託できるのであれば自営ならやった分だけ自分の取り分になりますし、給与所得者は勤め先の景気がどうであろうと決まった日に給料が支払われるという安定があります。

ご相談になられたいのが年金や健康保険といったいわゆる社会保険に限定した内容なのであれば回答は明確です。

「労働者として会社に在籍し、厚生年金・健康保険に加入する」のが、一番得です。 会社が保険料の半分を負担してくれるわけですから、全額負担の自営業者よりお得なのは言うまでもありません。

 

なお「質問に対しての答えは理解致しました。追加の質問として伺います。」とありますが、当初のご相談から外れた内容の追加のご相談は新たな投稿が必要となります。恐れ入りますがご評価をいただいたのち、新たにご投稿いただけたらと存じます。(今回は追加のご質問に回答させていただきました。)

ご相談者様は月極会員にご登録をされているようですので、新たな投稿をされましても月極料金以外には料金が発生いたしませんので、ご安心ください。

詳しくはユーザーサポートまでメールにてお問い合わせください。

【ユーザーサポートメールアドレス】

XXX@XXXXXX.XXX

 

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問