JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

賃金未払いについてです。昨年5月分(金額は約20万円)が未払いです。株式会社パラダイムという会社です。 通常翌月に請

解決済みの質問:

賃金未払いについてです。昨年5月分(金額は約20万円)が未払いです。株式会社xxxxxという会社です。 通常翌月に請求書等を郵送し、それに基づて口座振り込みされるのですが、昨年5月末より病気で出勤できなくなり、なし崩し的に解雇されたような状態です。それはそれとして、請求書等は仕事場で記入、印刷、郵送していたのが、当然できないわけで、会社はそれをいい事に、5月分の賃金を一切支払おうとしません。たまたま、今月より、同じ仕事場に戻ったので、請求書等の記入、印刷、郵送を4月中旬に行いましたが、なしのつぶてです。なお、仕事場とは、xxxxxそのものではなく、そこを契約上の中継点とした、別の会社です。今は、別会社経由です。とにかく、郵送ができない状態であることをわかっていながら、何とか賃金を支払おうという意思も態度も全くなく、今回も無視です。いったいどうしたら宜しいでしょうか。尚、タイムカードは無く、毎月請求書と一緒に作業時間表(自己申告)を送付していました。お金云々よりも、とにかく腹が立って仕方がないです。このような横暴を黙って見過ごしたくないです。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

職場での出来事、ご心痛お察し申し上げます。

仕事場は別会社とのことで、派遣労働者でしょうか。
労働者であるという前提で回答させていただきます。

賃金未払いは労働基準法違反です。
労働基準法違反は労働基準監督署へ申告することができます。
会社の住所地を管轄する労働基準監督署へ申告してください。
労働基準監督署は申告を受けると会社に対して、是正勧告等をしてくれます。

賃金の未払いについては2年間、さかのぼって請求することができます。
時効が2年ということです。
昨年の5月分でしたらまだ請求できます。

●東京都の労働基準監督署
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/tokyo/index.html#roudou

労働基準監督署には「相談」ではなく「申告」をしてください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答の内容は周知の事実です。


では、「申告」とは具体的にどのように行うものでしょうか。それに基づき、


労働基準監督署は実効性のある措置を行う権限があるのでしょうか。


結果として、当件の解決(未払い賃金の支払い)はなされるのでしょうか。

専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

お返事ありがとうございます。

申告は労働基準監督署に所定の用紙がありますので、その用紙に労働基準法24条違反があった旨を記入してください。

書き方は難しいものではありませんし、労働基準監督署の職員も教えてくれます。

労働基準監督署は労働基準法や労働安全衛生法などの違反を改善指導するのが業務の一つです。労働基準監督署の労働基準監督官には会社や工場などを臨検・資料の提出を求める権限や、特別司法警察職員としての権限があります。

私の経験則から言いますと、従う会社のほうが多いです。つまり、支払いに応じる会社のほうが多いです。

ただ、会社が無視を続けた場合は、労働基準監督署は強制的に支払わせることはできませんので訴訟するしかありません。

質問者: 返答済み 3 年 前.

了解しました。尚、「申告」は、


「会社の住所地を管轄する労働基準監督署」に直接赴き、そこで「用紙記入」をする必要がありますか。別の基準署、別の方法(ネットでの申告等)の選択肢はありませんか。また、訴訟の場合、弁護士ではなく、司法書士に頼むことも可能ですか。

専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

お返事ありがとうございます。

労働基準監督署は直接行くことをすすめてきますが、事情を話せば郵送でも可能ではあります。
また申告書の作成と提出代行は社会保険労務士等に依頼することもできます。
費用は各専門家によって違いますが、訴訟の代理を依頼することと比べればずっと安いです。

訴訟の場合は、認定司法書士ならば依頼することができます。
認定ではない司法書士は簡易裁判所での代理をすることができませんのでご注意ください。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問