JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 424
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

給料日に社長のお母様が危篤との事で給料未払いのまま…2日後に突然解雇と言われました。 会社を解雇になって数日後、社

解決済みの質問:

給料日に社長のお母様が危篤との事で給料未払いのまま…2日後に突然解雇と言われました。
会社を解雇になって数日後、社長のお母様の病院代がかさみ給料資金が足りず用立てるまで一週間待ってくれとLINEで部長から連絡がありました。
期限が過ぎても支払いはなく…
働いている仲間に聞くと…給料日の次の日には謝罪文と共に給料より二千円多く振り込まれていたそうです。
私にはいまだに振り込みもなく、連絡もとれず!
困っています。
しかも…会社は倒産寸前ときき!どうしたらいいのか?諦めなくてはならないのか?わかりません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 3 年 前.
大変な状況の中ご相談下さいまして誠に感謝しております。

文面内容を拝見しました限りでは、他の社員の方々には多めに給料が支払われている事、そして社長のお母様が危篤で恐らくは会社機能が混乱状態になっている事からも、最終的には貴方の給料も支払われる可能性が高いように思われます。貴方に個人的な恨みでも持っていない限り、混乱の中失念されていて未払いのまま‥といったところではないでしょうか。

一時的に連絡が取れないようですが、ここはあせらず暫く日を置いてから改めて連絡を取ってみられることをお勧めいたします。大きな会社ですと別でしょうが、小規模の会社ですと社長が不在の場合には途端に給与事務が滞ってしまうというのはありうる話といえます。勿論、働いた分の給与を会社はきちんと支払う義務がございますので、暫く様子を見られても対応が無く支給されないようでしたら、労働基準監督署に申告し賃金を支払うよう是正勧告を出してもらう事をお勧めいたします。

ただ、確かに会社が倒産してしまうと給与支払がされない場合もあるでしょうが、その際は行政による未払い給与の立替制度がございますので通常は心配されなくとも大丈夫です。

具体的には、労働者健康福祉機構によって倒産した会社に代わって倒産会社を退職した労働者に対し、退職日の6か月前の日から機構に対する立替払請求の日の前日までの間に支払日が到来している給与(※賞与は除きます)及び退職金で未払となっている賃金分について支給が受けられます。

貴方の場合、既に労働基準局(労働基準監督署)に行かれているという事ですので、万一会社が倒産した場合には労働基準監督署にその旨を伝えて立替払いの申請をされる事で対応可能です。
質問者: 返答済み 3 年 前.
ご回答ありがとうございます。社長のお母様は結局…元気です。危篤も病院代も嘘だとわかっています。解雇予告手当などの申請もした方がよいのでしょうか?会社の本社が社長のご実家なのですが…そちらにもなにか書面を送った方がいいですか?
専門家:  jinjiconsul 返答済み 3 年 前.
ご返事下さいまして誠に感謝しております。

そうですか、先方の言われたことは全て嘘なのですね‥ そうでしたら、理由はともかく、逆に貴方へ給与を支払おうとする意思はないものと思われます。

解雇予告手当は会社が支払うべきものですので、貴方からの申請手続等は不要です。会社の本社に給与の請求書を送ってもよいですが、まず効果はないので無駄でしょう。確信犯である以上、貴方だけで何か対応されても会社は何もしてくれないでしょう。こういう時こそ公的な権力を頼みとされることが重要です。

従いまして、貴方がされるべき事は会社について労働基準法違反(給料未払いと解雇予告手当未払い)で労働基準監督署へ申告し、直ちに是正勧告を出してきちんと支払いをしてもらうよう早急に動いてもらう事といえます。倒産した場合の対応は先の回答で申し上げた通りですので、いずれにしましても行政のサポートを受ける事で対応されるべきです。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問