JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

こんばんは、パワハラの相談です。私の職場では、本社の部長からのパワハラが日常的に繰り返されています。 まず毎日メー

解決済みの質問:

こんばんは、パワハラの相談です。私の職場では、本社の部長からのパワハラが日常的に繰り返されています。
まず毎日メールで同僚達に、「バカ、カス、痴呆症」、「睡眠時間は足りてるのに、脳味噌が足りない」、「(私の部署)は時間が止まっている。大半がクビだな」また、課長に対しては「非組は青天井だから、24時間働け」などの暴言を吐いています。また、毎日各人に電話を掛けて来て、暴言を吐きます!また、月2で職場を訪れ怒鳴りちらして帰ります。今月も来ましたが、暴力団の様に恫喝していました(内容は録音しました)。また証拠として、メール、会話の録音があります。
この状況で、パワハラが認定され、その上司と縁を切る事が出来るのか、お聞きしたいと考えています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
ご相談ありがとうございます。
労働分野専門の社会保険労務士です。

パワハラに関しては厚生労働省からその定義が発表されています。

【パワハラ具体的行為】
(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

パワハラの違法性は被害者の主観的な感情を基準に判断されず、行為の場所、時間、態様、被害者の対応などを考慮して、行為が社会通念上許容される限度を超え、あるいは、社会的相当 性を超えると判断されたときに成立すると考えられています。

また、使用者である会社には良好な職場環境を提供する義務(職場環境配慮義務)や労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)があります。

会社のこのような義務違反に対しては、損害賠償を請求することも可能です。

部長の言動は明らかにパワハラに該当しますので、上記のようなパワハラの根拠や、会社にも責任を追及できる旨を引き合いに出し、部長の処分を検討してもらってください。

それでも会社が部長に対して処分を行わないのであれば、外部の機関を利用するしかないでしょう。

そのような場合は、労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターにご相談ください。
相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/2.html

メール、会話の録音があれば労働局も会社に強く指導をしてくれるでしょう。

行政が介入してくれば、会社としても部長に対して何らかの処分を行わざるを得ないのではないでしょうか。
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問