JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

一般的に言って労務監査が入るときはどういうときでしょうか。 また、労務監査が入った際気を付けることがありましたら教

解決済みの質問:

一般的に言って労務監査が入るときはどういうときでしょうか。
また、労務監査が入った際気を付けることがありましたら教えていただけますか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

さっそく回答させていただきます。
労基署の監査が入るには2つのケースがあります。
労働者の申告により調査に入る申告監督と、抜き打ち検査として労基署が行政スケジュールに基づいて調査に入る定期監督、です。

監査に入ってからでは遅いのですが、監査に備えておくべきものとして代表的なものは、
・労働者名簿(労働基準法107条)や賃金台帳(労働基準法108条)
・タイムカードや出勤簿
・労働者雇用に関する書類(労働条件通知書や解雇通告書、退職届等)

これらは3年間保存することが義務付けられております(労働基準法109条)ので、監査の際には提出を求められます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


受けるときに何か注意したりすることはありますか。


普通に対応すれば大丈夫でしょうか。


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

普通に受検すれば大丈夫です。偽りの回答はしないようにしましょう。書類等でばれてしまいますので。聞かれた事に正直に回答し、提出を求められたら書類は速やかに提出した方が監督官の心証がいいのは言うまでもありません。
自然体で受検して下さい。
sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問