JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

休憩時間の統一について 休憩時間の認識が労使で異なる部分があったため、統一をはかりたい。その際、説明後、同意書を取

解決済みの質問:

休憩時間の統一について
休憩時間の認識が労使で異なる部分があったため、統一をはかりたい。その際、説明後、同意書を取りたいが、様式がありますか?特に定型のものはありませんか?
■1日の休憩時間の認識不一致
従業員:1日合計90分の休憩時間があり、内30分は有給の休憩との認識あり
会社側:1日合計60分の休憩時間があり、すべて無給の休憩との認識あり

前業者からの業務移管の際、従業員も移管していただいた経緯があるため、従業員側の認識は、前業者のままであった。

ご確認をお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

さっそく回答させていただきます。
休憩についての定型の様式というものはありません。休憩とは労働者と労働契約(雇用契約)を締結する際に書面で明示するものです。
ご相談のケースでは他社からの移管があったとの事ですので、休憩規定が記載されている就業規則を全労働者に周知すればよろしいでしょう。
現在記載されている内容と、今後適用したい内容に相違があるようでしたら、就業規則を変更して全労働者に周知すれば大丈夫です。
周知とは、管理者が口頭で説明してその後就業規則をいつでも閲覧できるようにしておけば足ります。もちろん、就業規則の写しを配布する方法でも周知したことになります。
sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問