JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

初めまして、私は45歳男性。先日退職した会社の、退職日決定について、正当なものか、私から訴えたり請求出来るものか、ご

解決済みの質問:

初めまして、私は45歳男性。先日退職した会社の、退職日決定について、正当なものか、私から訴えたり請求出来るものか、ご判断をお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

さっそく回答させていただきます。
退職日というものは、解雇ではない限り、日付を決めるのは労働者側です。会社が決めるものではありません。
ですので、ご相談者様が退職日を会社側に伝えてないのであれば、これからご相談者様が日付を決めて会社側に伝える事が出来ます。会社には労働者の退職日を一方的に決定するような権限は法的にありません。
その旨を会社側に伝えて、有給休暇が取得できるようにして下さい。
会社側に請求しても一方的に退職日を決めてくる態度が変わらないようであれば、労働基準監督署に申告をして下さい。相談するのではなく「申告」です。
労基署は労働者からの申告によって会社を調査して、会社の違法行為を認めると労働局長から助言や指導、是正勧告が行われます。
労働者個人で会社に認めさせるのが困難な場合には、このように行政の力を使って解決を図るようにして下さい。
ご参考までに東京労働局ホームページの「労働局長による助言・指導」制度の該当箇所のURLを以下に添付させていただきますので、ご覧いただけましたら幸いです。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/2.html
質問者: 返答済み 3 年 前.
早速の回答ありがとうございます。

ただ、退職日を「本日」と言われた際に、「現場の調整が出来たから」と言われ、「分かりました」と了承しています。それでも、回答は変わりませんか。

また、会社は配送業で、業務中の私の自損事故により、車の修理費を請求すると言われています。自損事故の場合は、ドライバーの自己負担と入社時に説明されています。 ですので、修理費を拒否することは出来ないと思うのですが、先の質問内容にある、3月22日に社長に有給の話をした際に、事故後初めて「修理代を請求しますから」と言われました。つまり、有給の取得を主張するなら請求する、という印象を受けたのですが、これについては、言われたタイミングはともかく、入社時に聞いている以上、支払わないといけませんよね!?まだ請求書は来ていないのですが金額を聞いていて、約32万5千円と高額な為、支払う額を減らせなくても、逆に請求できる要素があれば、と思い、今回の質問にいたりました。なお、3月23日から1週間経ちますが、まだ離職票等の書類を貰っていません。電話や、28(金)に、制服等の返却で事務所に行った際にも催促・確認をしたのですが、後日送る、との事で、いつまでに送る等、具体的な事は言われていません。どのくらい経っても貰えなければ、会社の対応として指摘できる等、訴えに繋がる要素になりますか。

お手数ですが、再度ご回答をお願い致します。
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.
ご返信、ありがとうございます。

「分かりました」と了承しています。それでも、回答は変わりませんか。
⇒労働者本人が了承の旨を伝えてしまっているのであれば、その日付での退職となります。何よりも本人の同意・合意が一番重要ですので。

言われたタイミングはともかく、入社時に聞いている以上、支払わないといけませんよね!?
⇒支払わなければいけないのはもちろんなのですが、損害額全額を労働者が負担する、となると一考の余地があります。
業務上発生した損害は重大な過失や故意でない限り、会社が負担するのが原則です。そして起こった事故がどの程度の過失か等の判断は当事者同士では当然できませんので、あっせんや労働審判、裁判で第三者に判断してもらう事になります。
ですので、全額賠償に納得がいかないのであれば争う余地はある、ということです。あっせんや労働審判の事についても労基署にて相談に乗ってもらえたり、あっせんは申し出の受付もしてもらえますので、まずはぜひ赴かれることをおすすめいたします。

離職票の発行については法律上は「遅滞なく発行しなければならない」とされており、この「遅滞なく」は何日以内、との定義はありません。ただし1週間以上経っているのであれば時間がかかり過ぎですので、ハローワークに相談してハローワークから会社に促してもらって下さい。雇用保険の関係については管轄は労基署ではなく、ハローワークになります。
離職票の発行が遅いのと、損害賠償の請求に関しては何ら関連するものではありませんので、「離職票の発行がされないから、損害賠償請求されている金額は支払わない」という理屈にはなりません。全くの別物です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問