JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

会社から経営状況が厳しいので社会保険料の支払いをおさえるため 現在支給されている給料の半分を海外から、半分を国内か

解決済みの質問:

会社から経営状況が厳しいので社会保険料の支払いをおさえるため
現在支給されている給料の半分を海外から、半分を国内から支給したいのでと
同意書にサインを求められています。

海外からの給料に関しては、海外に新しく拠点を作り
本社の名目は海外の拠点になるとのこと。
現在の社員は全員が一旦、海外の本社に移籍になり
国内の各拠点への出向となるようです。
その際勤務地変更とは一切無いとのこと。

同意書や給与や社会保険の今後のシュミレーション表は
作成した会計事務所(?)の著作物にあたるのでコピーは渡せないとのこと。

会社からの説明では法律的には問題ないとは言っていますが、
体の良い社会保険逃れではないのでしょうか?
また本当に国の機関から後ろ指を指される事は無いのでしょうか?

ご教授お願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
ご相談ありがとうございます。
社会保険労務士です。

ご相談内容にあるような社会保険料の削減方法は非常にグレーなやり方です。
しかし、違法とまではされておらず、実際にこのようなやり方を会社に提案する社会保険料削減コンサルタントと称する方もよく見かけます。

従業員も給料から控除される社会保険料が減りますので、給料手取り額は増えますが、当然将来もらえる厚生年金の額が減少します。
また、業務外で病気になって仕事を休むときは健康保険から傷病手当金が支給されますが、この手当金の額も減少します。

>また本当に国の機関から後ろ指を指される事は無いのでしょうか?
社会保険料削減目的でこのようなことやっていれば、会社は年金事務所から目を付けられますが、あくまで会社の責任です。

最終的に同意するか否かは従業員の自由ですので、このようなことを考慮して慎重にご検討されるとよいでしょう。



質問者: 返答済み 3 年 前.

海外からの給料に関しては、海外に新しく拠点を作り
本社の名目は海外の拠点になるとのこと。
現在の社員は全員が一旦、海外の本社に移籍になり
国内の各拠点への出向となるようです。
その際勤務地変更とは一切無いとのこと。


 



同意書や給与や社会保険の今後のシュミレーション表は
作成した会計事務所(?)の著作物にあたるのでコピーは渡せないとのこと。


 


この部分についてはいかがでしょうか?

専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
>海外からの給料に関しては、海外に新しく拠点を作り
>本社の名目は海外の拠点になるとのこと。
>現在の社員は全員が一旦、海外の本社に移籍になり
>国内の各拠点への出向となるようです。
>その際勤務地変更とは一切無いとのこと。
先ほどの回答で申し上げた通り、非常にグレーなやり方ではありますが、違法ではありません。
社会保険料削減コンサルタントと称する方が社会保険料を削減するためによくやっている方法です。

>同意書や給与や社会保険の今後のシュミレーション表は
>作成した会計事務所(?)の著作物にあたるのでコピーは渡せないとのこと。
恐らく会社が見せたくないだけだと思います。
従業員の将来に大きく関わることですので、会社は今後のシミュレーション表の開示をすべきです。
同意するか否かを判断するための材料として、開示を求めるとよいでしょう。

いずれにしても、このようなやり方をする会社は長く持ちません。
貴方のように他の従業員も会社に対して不信感を抱きますので、今後辞めていくものも増えていくでしょう。

質問者: 返答済み 3 年 前.

その会計事務所(?)が作成したシュミレート表は見せてくれるのですが


コピーをとらせてはもらえません。


 


これはコピーを要求する際にはどの様な言い方で要求をすれば良いのでしょうか?

専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
実際、その会計事務所(?)がコピーを禁止している場合もあります。
そうであれば、そのシュミレート表からメモをとるか、貴方個人のケースに合わせたシュミレート表を会社で作成してもらうしかないでしょう。
それをしてくれないのであれば、「同意するか否かの検討自体しません」とはっきり伝えるべきです。
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問