JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

生花を取り扱う会社で、アルバイトをしています。 31歳女性です。 2012年11月にアルバイト入社してから 色

質問者の質問

生花を取り扱う会社で、アルバイトをしています。
31歳女性です。
2012年11月にアルバイト入社してから
色々な事象があり、会社に対する不信感が募っています。
そのうちの一つは、
一年前の2月、上司から「4月から、社員になることを前提に、ブライダル部へ異動してもらいたい」と
口頭で言われ、本社へ呼ばれて、
その上司と、取締役との同席のもと、
社員になった場合の給与の昇給の段階など、説明を受けました。
3月に面接をし、そこで正式に決めましょう、という話でしたが、
その面も無く、
また、異動先のブライダル部の責任者、上司、全ての職員はこの話を知りませんでした。
私と同じ話で、同じ時期、
ショップのアルバイトからブライダル部へ、他に2人異動しましたが、
私を含め、3人とも、
自給900円未満のアルバイトのまま、
婚礼の打ち合わせや施工など、
責任の重い職務に追われています。

このサイト見つけて、早速投稿してみました。この様な事は、企業と従業員の間で、通常ある様な事なのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
ご相談ありがとうございます。
労働分野専門の社会保険労務士です。

>社員になった場合の給与の昇給の段階など、説明を受けました。
>3月に面接をし、そこで正式に決めましょう、
書面での確約があれば争うことも可能ですが、お話しだけの段階であったのであれば争うことは難しいでしょう。

しかし、パートタイム労働法第8条に「事業主は、職務の内容、退職までの長期的な人材活用の仕組みや運用などが通常の労働者と同一のパートタイム労働者であって、期間の定めのない労働契約を締結している者については、パートタイム労働者であることを理由として、その待遇について、差別的取扱いをしてはならない」と定めてあります。

このようなことを引き合いに出して、給料などの労働条件の改善を求めてみてはいかがでしょうか。

また、妊娠中の女性に対しては、残業又は深夜労働の禁止、軽易業務転換などたくさんの保護規定があります。
ご参考まで↓
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku05/01.html

それでも会社が取り合ってくれないのであれば、労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターにご相談ください。
相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。




雇用・労働 についての関連する質問