JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 416
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

私は、タクシーの運転手です。入社して半年に過去2回軽微な事故を起こし、その事故については事故報告書、始末書、改善書を

解決済みの質問:

私は、タクシーの運転手です。入社して半年に過去2回軽微な事故を起こし、その事故については事故報告書、始末書、改善書を会社に提出し、罰則金も支払いけりはついたものと思っていました。
今回、テールランプを割ってしまいレンズ交換をしようとしたところ、あなたは事故を頻繁に起こしているから、交通事故扱いにすると、主任から頭ごなしにいわれました。
ところが、他の人たちに聞くと交換レンズ代金を払えば事故扱いになってないとのことでした。
この場合、ある人はよくてある人は悪いということがあってもしかたないことなのでしょうか。
ちなみに、会社に罰則規定を文章化化されたものはなく、タクシー乗務員にもどこからどこまでが事故で、それ以外は事故ではないとの説明もありません。
また、明らかに修理が必要なところも、報告して「いなければ事故扱いもされてなければ、修理もされていません。
確かに、事故を起こした私が悪いのですが、他の事故処理をしてきた後で主任の機嫌が非常に悪かったことから、その場の感情で処理されたようでなりません。
この件について、会社には問題はないのでしょうか?
パワーハラスメントなどには、ならないのでしょうか?
私も生活がかかっているので、津城は事故扱いされないことで、事故扱いされ数万円の罰則金を払うのは納得がいきません。(ちなみにレンズ交換だと2,500円を払うだけで終わりです)
どのように会社、主任と対峙したらよろしいでしょうか?
よろしく、ご指導の程お願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 3 年 前.

この度は大変な状況の中ご相談下さいまして誠に有難うございます。

 

只今文面内容を拝見いたしました。お急ぎにも関わらず回答が遅れてしまい申し訳ございませんでした。

 

ご相談の件ですが、ランプ破損の場合はレンズ交換のみで事故扱いとしないのが通常の対応という事ですね‥ そうであれば、明確な罰則規定が無い以上、貴方の場合も事故扱いするのは適切でないといえます。

 

同じ過失行為に対しまして、ある従業員には穏便に済まし、別の従業員には厳しく臨むというのは、根拠の無い差別的措置といえますし、そういう事をその場の感情で行われたのでは従業員は安心して働く事が出来ません。

 

厚生労働省によりますと、職場のパワハラとは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。」と定義されています。

 

貴方の場合、主任から上司という優位性を背景に、通常穏便に済まされている事案について規定根拠も無く罰則を科されようとしているわけですから、これは明らかに上記のパワハラの定義に該当するものといえます。また、会社の上司が起こしたパワハラですと、会社にも放置した場合安全配慮義務違反が生じますので、責任を問う事は可能です。

 

加えまして、罰則となれば数万円の罰金という客観的な実害も発生しますし、貴方の社内経歴にも賞罰上の記録が残り傷がつくことになってしまいます。これは、非常に大きな不利益を被るものといえるはずです。

 

確かに半年に2度の事故を起こした事は頂けないですが、それと今回の出来事は直接関係がございません。前回事故を起こした際に、きちんと改善指導を受けかつ次は厳罰で臨むと警告されていたのでしたらともかく、単に3度目の事故というだけで差別的な取り扱いを受けるというのは合理性がないものといえます。

 

対応としましては、現状組合にご相談されていますので、まずは組合からの申し入れへの会社側の反応を確認しましょう。会社が事故扱いをしない等誠意ある対応を見せれば、それでよいでしょうが、そうでなければ、次なる手段は労働基準監督署に設置されている労働相談コーナーへ行かれる事をお勧めいたします。無料で相談してもらえますし、行政機関が中立の第三者としまして問題解決の提案を行うあっせんといった方法もございます。会社も行政機関が関わるとなりますと無視はしづらいですので、困った際にはご利用されるとよいでしょう。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問