JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1073
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

建設業退職金共済制度(有)の会社で、、

解決済みの質問:

建設業退職金共済制度(有)の会社で、お前は警察に捕まってるし、自主退職だから退職金は、なし。と言はれたのですが、退職金はもらえないのでしょうか?15年勤めています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

建設業退職金共済の窓口には確認されていますでしょうか。

退職金は会社の就業規則や規約によって定められており、その定め通りに支払わなければいけません。

 

例えば、社長や上司が部下を気に入らないから退職金はなしと言っても、それは認められません。

退職金を支払うという定めがあれば支払う義務があります。

会社都合と自主退職で退職金の額に差をもうけている場合がありますが、通常、会社都合が満額で自主退職はなしという極端な定めはしていません。

会社都合が満額で、自主退職はその半額という定めは比較的あります。

 

仮に会社都合が満額で自主退職はなしという定めがあったとしても、その定めは無効と考えます。

なぜなら退職の自由を制限することになるからです。

会社都合と自主退職とで差をもうけることは違法ではありませんが、一方が満額で一方はなしは極端すぎます。

 

何かの間違いではないでしょうか。

退職金についての定めが必ずあるはずなので、直接、建設業退職金共済の運営窓口に言って見せてもらってください。

誰かに聞くだけでは嘘を言われることもあるので、必ず見せてもらいましょう。

 

専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

補足で回答させていただきます。

 

懲戒解雇の場合で、定めに「懲戒解雇の場合は退職金を不支給とする」という定めがある場合は、退職金の不支給が認められることはあります(認められないこともあります。ケースバイケースです)

 

しかし、貴方の場合は自主退職であり、懲戒解雇ではありません。

なので、自主退職だから退職金はなしというのは何かの間違いだと思います。

 

 

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問