JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

ご相談です。 5日、急に所長に話があるとよばれ 社長が今回大規模なリストラを行う対象になったので誰がなるかわからな

解決済みの質問:

ご相談です。
5日、急に所長に話があるとよばれ 社長が今回大規模なリストラを行う対象になったので誰がなるかわからないが あなたにほぼ決定してるので 次の会社を探してほしい。これで今日からあなたも眠れなくなりますよ。と言われ、翌朝、部長に電話で そんなリストラが本当に行われるのか確認したところ
そんな話は、聞いてないし初耳だ。との事でしたので 社長に電話して確認したところ作り話しであることが判明しました。
このことをふまえ 朝一番に所長に「私は、辞める気もないし、自分から辞表を書くつもりもない。」と伝えたところ 昼食後に再び呼ばれ、「あなたが辞める事は決定事項です。私の一存です。期限を切りましょう。昨日、退職勧奨をしたので4月10日まででどうですか?すぐに有給消化してもらって構いません。理由は、今までの積り積もったものです。」という退職を強要されることを言われました。
「それは、会社都合ですよね?私は辞表はかくませんよ!」と言うと、「いまは、興奮してるだろうから落ち着いたらまぁ」と書くように言われました。
有給は30日残っているのですぐにとって辞める手続きに入るようにともいわれました。

理由が、営業マン時代に仕事上で送ったメールが長くて嫌だった。等の何年も前のそんなことが積り積もって ずっと前から決めていたと言われました。

社長の指示により、総務の課長が調査に入り、社長・室長・部長・課長・所長で話し合いがもたれそんな事が退職に追い込む理由にならないと注意を受け 退職の話は、白紙になりましたが 所長が納得いかないらしく 私に対しても要望書を作るので それにサインして ひとつでも項目を破れば即、退職となる事になりました。

そんな要望書にサインをしないと働けないんでしょうか?
所長のしたことは、退職強要で 強要罪にあたらないんでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

要望書にサインする義務はありません。

 

所長の行為は退職強要と言えるものと考えられます。

 

退職強要は違法です。慰謝料請求も可能です。

退職勧奨は違法ではないのですが、作り話である上、その後の発言からしても悪質なので退職強要と言えるぐらいのものでしょう。

 

もちろん辞める必要はありません。

退職に応じる義務はありません。

 

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問