JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 416
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

特定就職困難者雇用開発助成金について質問をさせて頂きたく思います。 精神障害の男性をフルタイムで雇いましたのが平成

質問者の質問

特定就職困難者雇用開発助成金について質問をさせて頂きたく思います。
精神障害の男性をフルタイムで雇いましたのが平成25年の7月です、助成金の申請は今年26年の1月に致しましたが昨今の厳しい現状で社会保険と厚生年金を三か月滞納しておりました、今月14日に滞納は全て完納致しましたが助成金の決定には響きますでしょうか?滞納していた私が悪いのですが正直このご時世なので助成金を貰えないのはかなり経営に応えてしまいます。

一回目の支給決定が不可の場合は2回目以降の申請自体が出来ないかと思いますので現在は不安な気持ちで正直寝れない日々が続いております、ご回答を頂ければ幸いです。不許可なら不許可で諦めて無かったお金と割り切るつもりで御座います。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 3 年 前.

大変な状況の中御相談下さいまして誠に感謝しております。

 

只今文面内容を拝見いたしました。回答が大変遅くなりまして失礼いたしました。

 

特定就職困難者雇用開発助成金ですが、厚生労働省によりますと保険料関連で「受給出来ない事業主」としましては、

 

「支給申請日の属する年度の前年度より前のいずれかの保険年度の労働保険料を納入していない事業主(支給申請日の翌日から起算して2か月以内に納付を行った事業主を除く)」

 

が挙げられています(※他の雇用関連の助成金にも適用されます)。

 

言い換えれば、健康保険料や厚生年金保険料の滞納については挙げられておりませんので、原則としまして直ちに受給資格が無いということにはならないものといえます。

 

特定就職困難者雇用開発助成金は雇用保険制度に基く助成金であるのに対し、健康保険料や厚生年金保険料は健康保険協会(または健康保険組合)及び年金事務所が管轄する社会保険制度に関する徴収金になりますので、全く別の制度といえます。

 

御社の場合、まして既に完納もされていますので、他の受給要件を満たしていれば恐らく問題はないと考えられます。

 

但し、勿論審査はされますし最終的には行政判断によりますので、100%大丈夫とまでは言い切れない旨ご了承頂ければ幸いです。

質問者: 返答済み 3 年 前.

返答有難うございます。


 


宜しければ受給が無かった事例を教えて頂ければ幸いです、私共で理解しております厚生労働省が明記している不支給案件に関しては全てクリアしております、労働条件や過去の不正受給など当然ながら一切しておりませんが申請をしてから既に三か月目に突入しそうなので不安を解消したいと思っております。行政判断なので明確な理由は当然分からないとは思いますが万が一知っていれば教えて頂けますでしょうか?返答を頂け次第すぐに評価をさせて頂きます。


 


返答を頂けた後に助成金センターに問い合わせをしようかと思っております。

専門家:  jinjiconsul 返答済み 3 年 前.

こちらこそご返事下さいまして誠に感謝しております。

 

ご質問の件ですが、おっしゃる通り明確な理由が分からない場合もございますが、典型的な例としましては申請内容に虚偽が発覚した場合が考えられます。やはり公的資金から給付を受けるわけですから、信頼性に乏しいと見受けられる会社への審査結果は厳しくなるものといえるでしょう。後は労働法令への違反や労使間での解雇トラブル等といったところでしょう。社会保険料の滞納で受給出来なかったという事案を聞いた事は正直ございません。

 

ちなみに、こうした雇用関連の助成金は元来雇用促進に貢献した報いとして支給されるものです。実際には経営資金の一部として流用されている事が多いのも確かですが、基本的には助成金に頼らない経営体制を構築されることが重要といえます。

 

恐らく受給の可能性は高いでしょうが、万一否決された場合でも、落ち込まれる事無く経営改善のチャンスと前向きに捉えて会社運営に尽力されることを心より願っております。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


有難うございました。


図々しくなりますが宜しいでしょうか?審査結果は封書で届くと思いますが不可の場合でも届きますか?後、信頼性に乏しいとはどういった内容なのか事例を教えて頂ければ有り難く思います。


 


今から評価をしておきます、評価したら返答は見れないのか分かりませんがお約束しておりましたので評価しておきます。

専門家:  jinjiconsul 返答済み 3 年 前.

この度は評価頂きまして誠に有難うございました。

 

それでは最後の返答をさせて頂きますね‥

 

ご質問の件ですが、不可の場合でも結果は届くはずです。万一いつまで経っても届かない場合はハローワークに御問い合わせ頂ければよいでしょう。

 

また信頼性に乏しいというのは、やはり法令違反の疑いがあるとか、労使間でのトラブル(例えば退職や賃金不払い、ハラスメント等での係争)を抱えているといったことがあげられるでしょう。但し、軽微なものであれば受給要件でアウトにならない限り問題ないものと考えられます。

 

ただ繰り返しになりますが、あくまで受給可否については行政側での判断次第である事、そして受給に頼らない運営体制の構築を目指される事、この2点に関しましてご理解頂ければ幸いです。

 

是非御社にとって良い結果が得られますことを願っております。

雇用・労働 についての関連する質問