JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

sr_hossyに今すぐ質問する

sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

退職勧奨について教えてください。 現在、ベンチャー企業にて契約社員として働いておりますが、12月末で契約更新の

解決済みの質問:

退職勧奨について教えてください。

現在、ベンチャー企業にて契約社員として働いておりますが、12月末で契約更新の時期となるため、契約更新後の雇用契約書が欲しいと12月中旬に人事担当に伝えました。
ですが、1月になっても来ず、再度2回程催促した所、ようやく1月下旬になってメールで労働条件通知書が来ました。
ですが、当初、「契約社員でも1年に1万円必ず上げます」と言われていた給与が変わっておらず、4月以降に就業規則を含め体制を整えるため、今回は同条件での更新となりますという説明が記載あるだけでした。
確かに口頭でしか聞いていませんが、最初の契約の際や、またスタッフが集まる会議の場でも,皆が居る前でオーナーが「1年に1万円上げる」と言っております(皆聞いています)

確かに、秋口以降から、この4月に体制を整えるので、その際に働き方について皆に聞いた上で勤務を考えると言われていましたが、それまで給与は上げられないなどの説明はありません。

上記以外にも、会議の場で「この夏は社員・契約社員に関わらず皆さんにボーナスが出ます!!」と言っておきながら、実際はボーナスが支給されず、その件に関して何も説明が無かったり(みんなに聞かれて個別に答えてるだけでした)突然勤続1年未満はボーナスがないと言ったり。オーナーの言う事が都合良く変わります。

上記について、直接オーナーにそのような対応はどうなのか、直接説明をしてくれないかと求めた所、そんな事はメールで言うべき事ではないといい、また、逆にそこまでオーナーに言うべきではないとメールがかえってきました。

納得がいきませんでしたが、これ以上話してもとおもい、こちらからアクションはしなかったのですが、突然呼ばれ、オーナー、会社の代表、部長1名が居る場に真ん中に椅子をおかれ、
この会社が立ち上げから今までどれだけ大変だったか、また時間がないのに労働条件通知書を作ってくれた担当に謝れ、また代表や自分にも謝った上で、「どうしてもこの会社で働きたいんです、働かせてください」とお願いすれば撤回する、そうでなければ、辞めた方が良いと言われました。

こちらは発言をする機会は与えられず、オーナーが一方的にしゃべるだけで、ただクビとは言えないからか、私が辞めるというのを挑発しているような対応だったため、その場の話し合いでは考えますという事で終わっております。

また、その後、オーナーより個人宛にメールが来て、「個人的にはこの会社を辞めた方が君のためだと思う」など、個人的という文言をつけてメールが送られてきました。

正直な所、これ以上働き続ける気持ちは全くないのですが、現状、オーナーという立場を一部の人以外に隠して会社を仕切っています。
そういう点もあり、自分から単に辞めるというのは、間違った事をしている訳ではないので、悔しい想いもあるのですが、
せめて、会社から退職を勧められたという事で退職をするのは出来ないかと思っております。

このような状況の場合、退職勧奨として退職をするのは難しいのでしょうか?
なお、録音などは取っておりませんが、謝れと言われた日の日時等は明確に覚えております。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 2 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

会社からの退職勧奨、ご心痛お察し申し上げます。
「退職勧奨としての退職は難しいか?」とのご相談ですが、明らかな退職勧奨ですので、退職理由は「退職勧奨のため」になります。
雇用保険を受給する際に「自己都合」と「退職勧奨」では当然扱いが違うため、「退職勧奨として」退職する方が雇用保険の受給に有利なのはご存知の通りだと思います。
最終的に判断するのはハローワークですので、事前にハローワークにご相談いただくのが確実です。その際に
「個人的にはこの会社を辞めた方が君のためだと思う」
というオーナーからのメールをプリントアウトして相談して下さい。個人的、と文言をつけてもオーナーの考えのわけですから退職勧奨と認めてもらう証拠になる可能性が十分にあります。
雇用保険の受給決定はハローワークの権限ですので、事前に見解を確認しておいてから退職される方がよろしいでしょう。
ハローワークは全国各地にありますが、その判断については個々のハローワークによって異なる場合がありますので、
「退職勧奨されたのだから会社都合だ」と始めから決めつけずに、事前にハローワークに相談して見解を確認してから退職を申し出るべきです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。


 


もう1つ質問ですが、おそらく対外的にはオーナーという事が知られておりません。(会社としての代表は別の方です。)


ただし、私が個人的に相談させていただいた方からの情報により、実質的オーナー(株主)であるという事がわかっております。


登記簿を見れば、そのかたの奥様も含めてわかる事ではありますが、それを隠して言っているというのは事実です。


 


そのような場合でも、退職勧奨としてハローワークに受け入れてもらえるなのでしょうか?


 


また、退職後はすぐに仕事を見つけようと思っていますので、会社側に対しては個人的には今月末までの有休消化などを求めようと考えておりますが、そういった請求や、また月末で退職と今から伝えても可能なのでしょうか?


(労働条件通知書には、30日以上前に申告とあるため)


 


基本的には「退職勧奨でよいですか?」と明日お伝えしてみようと思っておりますが、何か気をつけたほうがよい点などあれば教えていただけると嬉しいです。


 


よろしくお願いいたします。


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 2 年 前.
ご返信、ありがとうございます。
実質的オーナーからの発言、という事の判断も含めて、事前にハローワークにご相談された方がよろしいでしょう。資本関係などを調べれば株主か否かはすぐにわかることです。
退職の申し出に関しては、期限の定めのある雇用形態の労働者(派遣労働者や契約社員など)はその期限までは自分から辞める事はできません。正当な理由なく期間途中で辞めてしまうと損害賠償請求をされる危険性もあります。
ただし今回のケースは、そもそも期限までに会社側が新たな労働条件を提示していませんでしたし、退職勧奨が認められれば会社から「辞めてくれ」と言われているわけですから、自己都合による途中退職ではありませんので、後々損害賠償されるようなことはありません。
ですので、「退職勧奨としてオーナーの発言が認められるか」ということが全てといっていいでしょう。
退職勧奨である、とハローワークが認めてくれるのであれば、退職の申し出をしても、それまでの期間の有給休暇を請求しても何ら問題はなく、ご相談者様にとって安心が得られます。
気を付ける点と言えば、決して「自分から辞める」というようなニュアンスの言質を会社側に与えない事です。
「退職勧奨でよいですか?」と聞いて「退職勧奨をした覚えはない」と言われたら「それではオーナーからもらったメールの内容をハローワークに見せて相談させていただきます。そのうえで退職勧奨ではないか確認させていただきます。」
と丁重に返答しておけばいいでしょう。
そして本当にハローワークに相談をして下さい。

ちなみに有給休暇は退職する予定であるかどうかにかかわらず請求することは可能です、有給休暇を請求するのは労働基準法39条で労働者に認められた法的な権利だからです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

素早いご返答ありがとうございます。


 


最後に1つだけよろしいでしょうか。


 


メールの文面自体は、もう少し柔らかく書いており、


「会社の方針に納得出来なくても十分な説明が無くても、この会社で頑張るなら個人としても応援するが、(今回の雇用契約の件のような)説明をする時間は十分に出来ないかもしれない、なので、もっとしっかり固まった会社に入ったらどうですか?そちらの方が会っているのではないですか?と僕個人は思います。」


と記載があります。


 


ただし、このメールは代表とオーナーと部長の4者で面談をしたなかで、


・今回の件に関して、私が悪かったです、全部納得して受け入れてそれでも働かせてくださいという態度を示せ


・◯◯さんにはこの会社は向いていないんじゃないか、もっと契約冶説明がしっかりした会社に行くべきだし行くべきだと思う


・自分(オーナー)が社内的な説明に時間を取られたら、この会社はつぶれる


と何度か強く口頭で言われました。


 


ちなみに、この会社の意思決定は全てそのオーナーの判断です。


(代表ではありません)


メール自体はどちらとも受け取れる文面です。


 


ちょっと、面談のかなりひどい印象にイメージがつきすぎてしまっていましたが、


きちんと読み返すとどちらとも受け取れてしまうため、心配になりました。


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 2 年 前.
ご心配になるのは当然です。大事な事ですから。

今後の行動は、ご相談者様のお気持ち次第です。
退職後すぐに働きたい、とのお考えを先に拝見しましたが、それであるならば雇用保険(失業保険)の支給は受けない、ということですので、会社都合であろうと自己都合であろうと関係はありません。
次のステップ(新たな職場)に進むため、「退職勧奨か否か」は考える必要はなく、退職の申し出を速やかに行い、有給休暇の請求も同時に行いましょう。

ご相談者様が「雇用保険の受給が問題なのではなく、ともかく退職勧奨である、ということを認めさせることが重要だ」とお考えなのであれば、そのメールをプリントアウトしたものをハローワークに持参して「退職勧奨として認められるか」を確認されるべきでしょう。(先に回答申し上げました通りです)

失業保険の受給に関係がないのであれば、会社と争う価値はないと思います、ご相談者様の時間的精神的な負担が増えるだけですので。

①とにかく今の会社は去って早く次の職場で頑張りたい。
⇒退職勧奨であるかどうかを争う必要はなく、速やかに退職の申し出及び有給休暇の請求を行い、就活を始める。

②退職勧奨を認めさせることを最優先に考える。
⇒ハローワークに相談して行政の見解を確認する。

という2つの選択肢からご相談者様が決断される事となっているのが今回のケースです。

なお、退職勧奨であるかどうかを判断するのは会社でも労働者でも第三者でもなく、ハローワークですので、会社と「退職勧奨か?」と議論しても不毛です。ダイレクトにハローワークに見解を確認しなければ何も判断できません。
労働問題を扱っている専門家の経験則から言わせていただくと、退職勧奨と認められる可能性が高い、と思われます。
「会社の方針に納得出来なくても十分な説明が無くても、この会社で頑張るなら個人としても応援するが、(今回の雇用契約の件のような)説明をする時間は十分に出来ないかもしれない、なので、もっとしっかり固まった会社に入ったらどうですか?そちらの方が会っているのではないですか?と僕個人は思います。」

というメールの「十分な説明が無くても」が問題だからです。
労働契約を締結する際には「十分な説明が無くてはいけない」からです。その点から会社の落ち度を自ら認めている内容ですから。
いずれにしても最終的にどのような決断をされるかはご相談者様のお考え一つであり、退職勧奨の是非を判断するのはハローワークとなりますので、「まずはハローワークに相談」されることを強くおすすめいたします。
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験: 法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • remember2012

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    818
    社会保険労務士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    818
    社会保険労務士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SI/sin4864/2011-8-18_02555_100909174435.64x64.jpg sin4864 さんのアバター

    sin4864

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    279
    労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MR/Mr.K6307/2011-8-28_81237_6C53.64x64.jpg Mr.K6307 さんのアバター

    Mr.K6307

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    76
    2007年 愛知県立大学外国語学部卒業 2007年〜トヨタ系部品メーカー勤務 2010年 社会保険労務士試験合格 2011年〜某社会保険労務士法人勤務
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YS/yspop2000/2011-10-20_222210_DSC4088.64x64.JPG yspop2000 さんのアバター

    yspop2000

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    29
    元労働局総合労働相談員、相談経験豊富。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EN/enas1103/2011-8-28_142524_2010101623.08.19.64x64.jpg ena0725 さんのアバター

    ena0725

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    7
    平成17年度社労士試験合格。19年社労士登録。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/TO/tokyoyuka/2011-10-28_23118_SH3L00053.64x64.jpg tokyo-yuka さんのアバター

    tokyo-yuka

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    4年生大学卒 日本年金機構の職員を経て2010年開業登録 現在も年金相談窓口業務を担当 その他スクール社労士科講師など
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/TO/tondensr/2011-10-24_8272_bigshirt.64x64.jpg beallears-sr さんのアバター

    beallears-sr

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    86
    法学部卒業
 
 
 

雇用・労働 についての関連する質問