JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

急いでいます。ご回答お願いします。

質問者の質問

お願いします。 以前契約していた会社が、現在遂行中の業務について、クライアントに対して嫌がらせに近いことをしている件でご相談したいと思います。 去年まで、ある会社が業務委託を受けて、私達が請負で仕事をしていました。 そのある会社が給与が払えないような状況になったため、私が会社を設立して、去年まで行っていた業務を受注しました。 スタッフはすべて請負ですから、この業務が終了した時点で雇用契約も終了します。 また、スタッフは長い25年以上に渡る付き合いがある私の友人たちですので、名簿持ち出しなどの個人情報保護法には触れないと認識しています。 去年まで業務委託を受けていたある会社が昨日クライアントに業務妨害とも思えるような電話をしてきました。 トラブルを避けるために、私の会社が今年の仕事を受けたことはクライアントが内緒にしていました。が、業務初日にある会社の社長が待ち伏せをして、私達が受注したことを確認し、嫌がらせとも思える言いがかりの電話をクライアントにしてきたのです。 私を含め、スタッフたちはある会社との雇用契約はありません。 クライアントとの契約にも落度はないと思っていますが、クライアントと私の会社の間に問題はあるでしょうか? また、今後の対策として参考意見を伺いたいと思います。 よろしくお願いします。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
>去年まで、ある会社が業務委託を受けて、私達が請負で仕事をしていました。 そのある会社が給与が払えないような状況になったため、私が会社を設立して、去年まで行っていた業務を受注しました。
>トラブルを避けるために、私の会社が今年の仕事を受けたことはクライアントが内緒にしていました。
>クライアントとの契約にも落度はないと思っていますが、クライアントと私の会社の間に問題はあるでしょうか?
→退職後においても質問者に競業避止義務が認められる場合、ある会社から質問者に対して、契約上の債務の履行として競業行為の差し止め請求(民414条)、債務不履行の問題として損害賠償請求(民415条)がなされる可能性があります。


★企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答が不完全.
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答が不完全.
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答が不完全.
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答が不完全.

雇用・労働 についての関連する質問