JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

世田谷の電機会社に勤めていますが会社も連続赤字で2013年9月末での希望退職(プラス1か月分の給料)50名程募集の連

解決済みの質問:

世田谷の電機会社に勤めていますが会社も連続赤字で2013年9月末での希望退職(プラス1か月分の給料)50名程募集の連絡がありました。
私(1956年11月生まれ)は15歳から今の会社に41年、勤務しており
①第一希望:2013年11月で早期退職制度が利用出来る事より早期退職制度を希望(資料も上長に提出)
②第二希望:不可能であれば上記、希望退職

会社より「日本からの出向者2名の希望退職」もあり「現在,海外勤務の工場長」でもあり
2014年3月末での希望退職を要望され了解してしまった。

しかし、その後、良く考えれば早期退職制度の期間と成っているので
①早期退職制度に変更して頂く要望は出来ないでしょうか?
②もし可能な場合、良い話の進め方をアドバイス頂けないでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

さっそく回答させていただきます。
①早期退職制度に変更して頂く要望は出来ないでしょうか?
⇒変更を要望することは法的にも何ら問題ありません。早期退職制度への変更依頼を会社にすべきであると考えます。

②もし可能な場合、良い話の進め方をアドバイス頂けないでしょうか?
⇒退職の選択肢として複数の選択肢があるのであれば、労働者にとっては一番有利な選択肢で退職しよう、と考えるのは当然の事です。ゴネるわけでも何でもありません。
有利な制度への変更を申し出て、それを会社が拒否する場合、道義的に[なぜ変更が認められないのか?」の具体的合理的理由を示す必要はあるでしょう。
それでも会社が変更に応じないようであれば「東京労働局に相談します。」と会社側に伝えましょう。
それでも会社が応じなければハローワークの助言通り、本当に労働局に相談して下さい。

ただしご相談者様のご要望として「まず労働局に相談し・・・・」とありますので、お考え通り、先に労働局に相談して行政の見解を確認してから会社と話し合いを持つのでもよろしいかと存じます。
「労働局に相談」というものを会社にちらつかせることが、要望を受け入れさせる近道ではないかと思います。
sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問