JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

歯科医師です。現在の歯科医院には勤め始めて2年と四ヶ月ほどになります。院長とは良好な関係で今まで働いて来ました。ただ

解決済みの質問:

歯科医師です。現在の歯科医院には勤め始めて2年と四ヶ月ほどになります。院長とは良好な関係で今まで働いて来ました。ただ四月から他院で働きたいと思い(ステップアップのため)12月初旬に3月末での退職を申し出ました。その時は代わりの先生が見つかったら希望通りの時期に辞めていいよとのことでしたので、求人の結果四月から勤務出来る先生が一人決まり私も後輩を紹介し二人四月から勤務が決まりました。予定通り退職しようと思うのですが、経験が浅い先生がくるので四月いっぱいは引継ぎの意味で勤務してくれないと困る、それで次の勤務先がダメだと言うならそこは諦めて違うところを探すしかないと言われ困っています。こちらとしては三ヶ月以上前に申し出ているし、次の人員も紹介しているので円満に退職したいと思うのですが私の話の進め方に問題があるのか法律に詳しい先生方にお聞きしたいと思います。問題なければ、あまりしたくはないのですが退職届を出して辞めようと考えているのですが、いかがなものでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
ご相談ありがとうございます。
労働分野専門の社会保険労務士です。

労働者には退職の自由が保障されています。
(憲法22条、職業選択の自由)

そして、どれくらい前に通知すれば有効かは民法627条の「雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する」が適用されます。

つまり、院長が何と言おうが一方的に3月末で退職しても問題ありません。
代わりの先生が見つかるまで待つ必要はありませんし、貴方が代わりの先生を見つける必要も当然ありません。

人材確保の責任は使用者(院長)にあります。

とはいえ、なるべく円満退職をご希望されているということですので、まずは上記のような法律上の定めを引き合いに出してお話しされてみてはいかがでしょうか。












質問者: 返答済み 3 年 前.
早速の返答ありがとうございました。法律的にいえば、問題ないと考えていいようですね。仮に雇用契約書に半年前に申し出よ(私のには書いていませんが)のように書いてあったり、歯医者では通例半年前だなどと言われても2週間前を持ち出されても問題ないのでしょうか?私がやめると一時的にでも売り上げが落ちると思うので損害賠償などと言われても困るなと思っているのですがその辺りも心配しなくて良いのでしょうか?
専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

念のため確認ですが、ご相談者様の雇用契約はいつからいつまでと期間を定めた、いわゆる「有期雇用契約」ではないですよね?
質問者: 返答済み 3 年 前.
早速の返答ありがとうございます。雇用契約書には雇用期間の定め無しと書かれています。
専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
ありがとうございます。

期間の定めのない雇用契約であれば、先程の回答で申し上げました通りです。

雇用契約書や就業規則で「退職は○ヶ月前に申し出ること」と定められていることが多いのですが、これは労働者からの急な退職の申出を抑止するためです。
実際、会社(病院)にとってみれば2週間前の申出は急過ぎますので。。

しかし、個別の契約などより民法が優先されることは言うまでもありません。
雇用契約書や就業規則にそのような定めがしてあったとしても、抑止力程度の効果しかなく、民法の規定を持ち出せば病院は何も言えなくなります。

ご相談者様が退職することによって売上げが落ちたとしても、病院はご相談者様に損害賠償を求めることはできませんのでご安心ください。
ましてや、ご相談者様は3ヶ月以上も前に申し出ているので、代替要員を確保できなかったのは院長の責任です。

ご相談者様が仰るように、業界によって慣例のようなものもあると思いますが、あくまで慣例であって、法律上の問題にはなりません。








remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問