JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

質問です。元雇用主へ精神的苦痛を理由として慰謝料を請求した場合、どのくらいの費用がかかりますか?また、どうい

解決済みの質問:

質問です。 元雇用主へ精神的苦痛を理由として慰謝料を請求した場合、どのくらいの費用がかかりますか? また、どういった場合なら慰謝料請求が認められますか?

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.


 元とありますので、期間制限があります。不法行為なので損害および加害者を知ったときから3年で消滅時効にかかってしまいます(民724条)。

 どれくらいの費用か、ですが、弁護士の場合、着手金は請求額の8%、成功報酬は請求額の16%です。

 社労士の場合、あっせん手続きで、着手金数万円、成功報酬が10%です。
 
 どういった場合ということですが、不法行為(民709条)ですから、1.原告の被侵害利益の存在、2.1に対する被告の加害行為、3.2についての故意・過失、4.損害の発生および額、5.2と4との因果関係が要件事実です。

 

 

 ★企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

質問者: 返答済み 3 年 前.


ありがとうございます。


すみません。難しくてよく分からないのですが、以前に12月新規開院の整形外科小児科クリニックに勤めているという事で、院長の言動はパワハラにあたるのではないか?という事で質問させていただいたかと思います。


その後、1/20に解雇を言い渡され、1/21から来なくて良いという事で勤務に就いていません。


一番の解雇理由は、はっきりとは言いませんでしたが、院長が私の事を嫌いだからです。(院長は「初めから嫌だった・・・合わないと思っていた」と言いました。言った言わないの話になるので証拠はありませんが・・・)


 


もっともらしい理由に私が院長命令を一人だけ勘違いし、守れなかったからだと言いましたが、この言い方(メールでしたので書き方)では、勘違いする者が出てもおかしくないという内容でした。


 


メール内容は以下です。


 


「診療終了後15分以内には、現金計算の一人を残して帰宅してください。もし、これを超える場合は、毎回理由を書面で提出してください。現金計算の一人は、とりあえず相互で決めてください。一人に偏らないようにして下さい。現金計算の一人も、遅くとも診療終了後30分以内には終了してください。十分に可能な作業と思います。


小児と整形外科各々の担当者は、担当科の終了後15分以内に帰宅として下さい。他の科の終了を待つ必要性はありません。


 


掃除のチェック票を作成しました。掃除担当が偏るのを防ぐのと、院内を清潔に保つためです。


清掃時間は、はじめに予定したように、午前の診療終了後の昼の時間です。午後診療終了後ではありません。」(原文まま)


 


その後、数日後の日曜日に「現金計算の一人とは両診療科合わせて一人だ」と念を押すような、訂正とも取れる内容のメールが届きました。


このメールが来てからはきちんと規則を守っています。(たった1日だけですが・・・)


 


この規則を私一人だけが勘違いして守れないから解雇だと言われましたが、2度目のメールが届いた翌日に解雇通達です。


もともと診療終了後の現金計算は、整形外科・小児科それぞれ別の、その科の最後までいる人間が行ってきました。


清掃に関しても、最低限の事のみ行って、あとは朝、もしくは昼に行うようにしてきました。


 


以前に相談させて頂いた時に、「人を雇う資格の無い人間・無知の成せる業」という回答を頂き、すごく納得しました。


それでも、私にも生活がありますので院長の指示に従い業務に従事してきました。


 


年明けすぐに家にある痛み止めや安定剤を大量接種して、自殺未遂の様な事をおこしましたが(同棲中の彼氏が発見し、すぐに吐かされ無事)、かかっている精神科では、「いつから症状が悪化したかの診断書は書けるが、仕事が起因とは断定できないので書けない。」と言われました。


私には他に悪化する要因が見当たらないのですが・・・。(実際勤務開始後約1週間で、薬を処方どうり服用しても精神的不安定な状態が治らなくなりました。胃痛・下痢・吐き気・眩暈・食欲不振もこの頃からです。就職する前は薬を飲んでも飲まなくても何も変わりはなかったのにです。)


今は安定剤を飲んでも全身の振るえと眩暈、頭痛、胃痛、食欲不振、吐き気がおさまりません。


 


勘違いした私が悪いと泣き寝入りするしかないのでしょうか?

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

 

>一番の解雇理由は、はっきりとは言いませんでしたが、院長が私の事を嫌いだからです。(院長は「初めから嫌だった・・・合わないと思っていた」と言いました。言った言わないの話になるので証拠はありませんが・・・)

>もっともらしい理由に私が院長命令を一人だけ勘違いし、守れなかったからだと言いましたが、この言い方(メールでしたので書き方)では、勘違いする者が出てもおかしくないという内容でした。
→この院長命令(メールにある残業規制命令)自体は違法ではないのですが、これを勘違いか何かで守れなかった(過失)ことを解雇理由とするのは、解雇理由には合理性・相当性が必要ですので、その要件が具備されていない、よって解雇権濫用の事例に当たる可能性が高いです。

 これはあっせん、労働審判に適した事例です。

 

 >年明けすぐに家にある痛み止めや安定剤を大量接種して、自殺未遂の様な事をおこしましたが(同棲中の彼氏が発見し、すぐに吐かされ無事)、かかって いる精神科では、「いつから症状が悪化したかの診断書は書けるが、仕事が起因とは断定できないので書けない。」と言われました。

→因果関係の肯定がされていない診断書では意味がないので、再度因果関係を肯定する診断書の提出が要求されています、と伝えるか、それでもダメな場合は、何でも言うことwを聞いてくれる医院に転院したほうがよいでしょう。

 

 AがなければBなし、という場合、AはBと条件的因果関係にあるといえます(自然的因果関係)。医学上の因果関係でなくて結構ですから、自然的・条件的因果関係にあったという意見書で充分ですから、お願いします、と申し出てください。

kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問