JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

精神病院でヘルパーとして勤務しています。副業で介護支援専門員をしています。定年を迎え嘱託の常勤になりました。4週8休

解決済みの質問:

精神病院でヘルパーとして勤務しています。副業で介護支援専門員をしています。定年を迎え嘱託の常勤になりました。4週8休体制です。副業で週何時間まで勤務可能ですか。週40時間以内ですでの計算になりますか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

副業での労働時間に法的な制限はありません。いくら働いても構いません。
しかし時間外手当(いわゆる残業代)については、若干問題があります。
労働基準法では1日の法定労働時間は8時間と定められており、それをオーバーする時間については時間外手当を支払う、と定められております。
そして副業勤務している場合でもこの原則は変わりません。
たとえば1日の労働時間が
始めに主業:6時間  次に副業:3時間
だとします。
その場合、主業は6時間ですので時間外手当は不要なのですが、副業の3時間を働くと、主業と併せて9時間となり「8時間をオーバー」しますので、後に働く副業の事業所は1時間分の時間外手当を支払わなければならなくなります。
副業の事業所としては3時間しか労働させていないのに、時間外手当を支払わなければならなくなりますので、そのような迷惑をかけたくない、とご相談者様がお考えであれば、1日の労働時間を主業と副業合計で8時間以内に収めるようにした方がよろしいでしょう。
そしてご相談者様がおっしゃられているように、週40時間以内に収めるの必要となります。。
質問者: 返答済み 3 年 前.

 


時間がなく返信できずすみませんでした。仕事は9:00~5:00で休憩


が一時間です。一日7時間勤務ですので、週35時間となり、副業につけるのは5時間です。ケアマネの利用者をもてる人数は週40時間常勤で35名ですが、5時間だと何人もてますか?一か月31日でも30日でも計算は同じですか?

専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
まず、勘違いしやすいところですが、ケアマネ1名に付35名ということではなく、
35名の利用者に対して、1名配置するということになっています。
例えば、60名の利用者がいる事業所で、2名のケアマネがいた時に、1人が40名
担当して、もう一人が20名を担当しても構いません。
(もっとも、長期的に偏りが見られる場合には、行政指導の対象になります。)

----
非常勤の方については、常勤の方との割合で算定する事になります。
常勤の方が40時間勤務であれば、ご質問者様の勤務時間は1/8になりますので、
事業所としては、4.3人の利用者を受け入れることができることになります。
houmu, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験: 行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
houmuをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問