JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

2カ月前に退職した男性から、残業代の支払い請求などの通知書が、法テラスの弁護士を通して届きました。届いたのが12月2

解決済みの質問:

2カ月前に退職した男性か ら、残業代の支払い請求などの通知書が、法テラスの弁護士を通して届きました。届いたのが12月29日で、振り込みまたは連絡の期日が1月15日となっており、年末年始の忙しい時期だったので充分な準備ができていません。電話連絡して期日を延ばすことはできますか?こちらにも非があるので支払うのは免れないとは思うのですが、相手の主張がかなりいい加減なので、こちらの言い分も通し示談で済ませようと思っています。弁護士に依頼せず、自分で交渉することはできますか?やめた方がよいですか?もし弁護士に依頼せず自分で示談に納めたとして、念書となるものは自分で作れるのですか?それとも弁護士に頼んで方がよいのですか?ご回答をお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

電話連絡をして期日延長を申し入れる事は可能です。ただしそれに応じるか否かは相手次第、ということになります。
相手方が弁護士を通して請求をしてきている以上、ご相談者様側も弁護士に依頼して対応すべき事案であると考えます。法律のプロである弁護士に はなかなか太刀打ちできるものではありません。
法的根拠をもとに一方的に主張をされたら一般人が抗弁するのは難しいでしょう。
もし弁護士に依頼せず示談に持ち込めたとして念書を作成するとなっても弁護士にその作成は依頼した方がいいでしょう。ただし念書の作成であれば、弁護士だけでなく司法書士や行政書士に依頼することも可能です。
報酬はその法律家によってまちまちですが、弁護士よりも安価で依頼できるケースがほとんどです。見積もりをとってみるとよろしいかと存じます。
sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問