JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

裁量労働制について質問させてください。 裁量労働はみなし労働時間のため、8時間等と決定しておりましたら、原則8

質問者の質問

裁量労働制について質問させてください。

裁量労働はみなし労働時間のため、8時間等と決定しておりましたら、原則8時間の勤務になるかと思います。
同時に労働時間管理義務があって、その記録が9時から23時などとなったら、それでも8時間の勤務と言えるのでしょうか。
または会社は裁量労働といえど9時から23時まで勤務の賃金を払わないといけないのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 3 年 前.

ご利用頂きまして誠に有難うございます。

 

ご質問の件ですが、ご認識の通り裁量労働制の場合ですとみなし労働時間で計算しますので、実際に何時間勤務していましても、事前に労使協定等で決められた時間が8時間であれば、8時間とみなして8時間分の賃金支払だけで大丈夫です。

 

確かに裁量労働制でも一般的な意味での労働時間管理義務はございますが、それは労働者の安全衛生面に配慮する必要から行われるものです。加えまして、裁量労働制では個々の労働者が自らの裁量で働く時間を決めているはずですので、たまたま長時間勤務していた日があり記録しているとしましても、みなし労働時間を超えて賃金支払を行う必要はございません。

 

ただ注意しないといけないのは、形式上は裁量労働制であるにもかかわらず実態は会社が勤務時間を指示して労働者自身が働く時間を決める事が出来ない場合や、或いはみなし8時間と定めていても、実際に1日8時間で仕事をこなす事は不可能な程多くの仕事量を与えている場合といったように、制度がきちんと守られていない状況にしてはいけないという事です。

 

仮にそうした状況になりますと、裁量労働制自体が無効と判断されて膨大な残業代支払を要求されるリスクが生じますので、くれぐれも制度の形骸化にはならないよう留意される事が重要です。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

申し訳ありません。1点質問させていただいてもよろしいでほうか。


裁量労働って深夜は支払いが必要になりますよね。


もし自己申告の時間が22時を過ぎていて、ただしみなし労働時間が昼間の8時間の場合は支払い義務が発生するのでしょうか。

専門家:  jinjiconsul 返答済み 3 年 前.

評価済みではございますが、ご質問の件回答いたしますね‥

 

ご認識の通り、深夜労働や法定休日労働につきましては裁量労働制の適用除外となります。

 

従いまして、通常であれば深夜に仕事をしている場合には相当時間分の深夜割増賃金が必要になります。

 

但し、深夜及び休日労働に関しましては本来認められていないものですから、会社が指示していないにも関わらず勝手に労働者が行っていれば支払義務は発生しないものと考えてよいでしょう。

 

そのような場合は、逆に健康面で問題があることからも逆に注意指導され、決して黙認されないことが必要です。

雇用・労働 についての関連する質問