JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

育児休業から会社復帰して数ヶ月後部署移動したのはいいのですが勤続年数6年もいるんだから新人じゃないと言われ、初めてや

解決済みの質問:

育児休業から会社復帰して数ヶ月後部署移動したのはいいのですが勤続年数6年もいるんだから新人じゃないと言われ、初めてやる業務にもかかわらず初めから 他の何年もやっている社員と比較され、毎日ダメだ、遅いと言われ、指示通りのスピードでやっていたら何でもっとスピード出さないんだと怒られ、教えられていない事を何でやらないんだと言われ、こんなに使えないとは思わなかったと言われてまた他の部署に移動させされてしまいました。今までもこのようなやり方で何人も辞めさせている(辞めさせるためにわざとそう言う事をする)上司なのでついに自分の所にも来たかと言う感じなのですが何とかならないでしょうか。自分が育休の間に労働基準監督署の監査が入り残業代未払いが指摘された事もあり仕事の出来ないやつはいらないと言うことだそうですが、初めてやる業務でいきなり他の人と同じようには出来ないし、こんなことやっているのはこの人だけです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。
会社での出来事、ご心痛お察し申し上げます。

その上司の発言はパ ワハラといっていいでしょう。

平成24年に厚生労働省がパワハラの行為類型として次のように発表しています。
(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)


ご相談のケースでは(2)に該当するものと思われます。
パワハラの改善はまず会社に報告・相談することです。パワハラ発言を繰り返すその上司より上位の役職者に「パワハラを受け困っている。速やかに改善していただきたい。」
と明確に報告しましょう。
会社には職場環境配慮義務が課されており、パワハラの報告を受けたにもかかわらずそれを放置した場合、義務違反となります。つまりパワハラを改善する義務を会社は負っているわけです。
ですから会社にパワハラが行われている事実を報告することが重要になります。会社がパワハラを認識していたならば、後に会社の責任を追及することもできるからです。

もし上位の役職者に報告してもパワハラが改善されないような場合には、労働局に相談して行政から会社に働きかけてもらうことが可能です。
ご参考までに新潟労働局ホームページの該当箇所のURLを以下に添付させていただきます。

http://niigata-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou.html

質問者: 返答済み 3 年 前.

上司に対して訴えたいのですが結局会社を訴える事になるのでしょうか?


結局居づらくなって辞める覚悟でやらなければいけない感じですか?

専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.
上司を相手方として訴える事は可能です。
その場合は、雇用労働問題ではなく、告訴や損害賠償の問題となります。

裁判で上司を訴えても、会社に居づらくなることに変わりはないと思います。訴えた相手と裁判中も同じ職場で働くわけですので。そうであれば裁判という大事にするのではなく、会社に改善を要望した方がよほど平和的に解決すると考えます。

辞める覚悟 うんぬんはその人それぞれの考え方ですが、知らない誰かが急に現れて勝手に問題を解決して去っていく、ということはありません。行動を起こすのは労働者本人です。
なお、労働基準監督署へ申告をしたからといってその労働者に対して解雇その他不利益な取扱いをすることは労働基準法104条で禁じられております。


※マイナス評価をされてから返信をされておられますが、「返信」「評価」のご使用は下段備考欄をご覧いただきまして適切にご使用いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問