JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

私は訪問介護事業所の管理者兼サービス提供責任者として勤務していましたが、このたび会社の上のほうから、ヘルパーが私につ

質問者の質問

私は訪問介護事業所の管理者兼サービス提供責任者として勤務していましたが、このたび会社の上のほうから、ヘルパーが私について、言葉がきつい、どなられた、あいさつしても無視する等いっているが?と言われました。私には心あたりがなく、その旨話したところ、私の話は聞き入れられず、一方的な決め付けで、管理者を変わってもらうと言われました。管理者手当がなくなることから考えさせてくれといったにも関わらず、後任を決めてきて、21日から変更 と一方的に言われました。また、同じ職種の人間を指導、教育する仕事は業務のなかにないにも関わらず、パソコンから教えなければならない人間を配置し、指導ができていないなどと一方的に言われました。これらすべてパワハラと思えますし、これらのことから、心身に限界がきて、不眠や、会社に行こうとすると吐き気、胃痛、めまいなどで起き上がれなくなり、診療内科にかかることとなりました。退職はいいのですが、会社のやり方に納得がいきません。労働基準監督署に相談、通報などで、なにか会社にすることはできますか?
立派なパワハラと思えるので、ハローワークには、絶対に自己都合ではいきませんし、退職願いも書かないつもりです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

パワハラに関しては厚生労働省からその定義が発表されています。

【パワハラ具体的行為】
(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

パワハラの違法性は被害者の主観的な感情を基準に判断されず、行為の場所、時間、態様、被害者の対応などを考慮して、行為が社会通念上許容される限度を超え、あるいは、社会的相当 性を超えると判断されたときに成立すると考えられています。

但し、パワハラは直接労働基準法に違反することではありませんので、労働基準監督署に相談をしても会社に助言・指導をすることはできても、罰則などを与えることはできません。

行政からの助言・指導以上の何かを会社にしたいのであれば、会社の言動がパワハラであると主張して、損害賠償を求めていくしかありません。

労働問題については、いきなり訴訟ではなく、次のような制度を利用して損害賠償を求めていくことが一般的です。

①労働局のあっせん制度を利用する。
あっせん制度とは国が指名したあっせん委員が仲介役となって、労使の間に入り和解による解決を目指すもので無料で利用できます。
双方の主張を聴きますが、事実の認定は行わず、あっせん案の提示が行われます。
簡単に言えば、国が話し合いの場を作ってくれる制度です。
ほとんどのケースが、概ね1ヵ月程度で解決します。
全国の労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターで相談、申し込みができます。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/3.html

②労働審判制度を利用する。
あっせん制度でも解決できないのであれば平成18年4月からスタートした労働審判制度を利用するとよいでしょう。
労働審判制度とは裁判所において、原則として3回以内の期日で、迅速、適正かつ実効的に解決することを目的として設けられた制度です。
裁判官である労働審判官1人と労働関係に関する専門的な知識経験を有する労働審判員2人とで組織する労働審判委員会が審理し、適宜調停を試み、調停がまとまらなければ、事案の実情に応じた解決をするための判断(労働審判)をします。
訴訟の解決期間は短いケースでも1年足らず、長い場合は2~3年かかるのに対して、労働審判は3カ月程度で解決します。
費用も数千円から数万円程度で利用できます。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

③訴訟
労働審判でも解決できなければそのまま訴訟に移行します。






雇用・労働 についての関連する質問