JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1380
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

■ご相談内容 労働問題

質問者の質問

■ご相談内容 労働問題


■ご相談内容: 10月30日、渡辺統括店長が川越駅前店に現れ、他人から聞いただけの曖昧な情報(仕事が遅い)で 私を解雇すると言い出した。そこで私は労働局に確認したところ、そん な宛にならない内容では、私を解雇できるはずがないと言われた。また弁護士は解雇には 客観的に合理的な理由が必要であるので、曖昧な理由での解雇は有効とはならないと言われた。 そこで行政書士に『解雇理由通知書』を送るように内容証明を お願いしたが、幼稚な文章だが『解雇理由通知書』が返送されてきた。今後、弁護士の先生に『解雇の取り消し』か『金銭の受取り』 を要求したい。どうすれ ばいいか教えてください。さ ■備考: 数日前に無料相談に伺ったが、その時先生に『この程度の内容では解雇に、あたいしない』と言われている。『a先生』及び『b生生』同様の回答がいただきたいが、今後どのような戦略(金銭)があるか教えて頂きたい。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

>10月30日、渡辺統括店長が川越駅前店に現れ、他人から聞いただけの曖昧な情報(仕事が遅い)で
私を解雇すると言い出した

 

→たしかに、労働契約法第16条は不当解雇の規定を設けています。

「客観的に合理的理由を欠き、社会通念上相当と認められない場合」は解雇権濫用として無効となるというものです。

>行政書士に『解雇理由通知書』を送るように内容証明をお願いしたが、幼稚な文章だが『解雇理由通知書』が返送されてきた。

→退職証明書のことだと思いますが、ここには解雇の理由を明確に記載するように求められています。雛形がありますが、これではなくて何かチャラチャラした幼稚なものだということですか?

http://www.roumu110.net/article/13387988.html

 

ここでの理由がいいかげんなものとします。いいかげんなものでも貴重な証拠にはなりますので保存してください。よくぞ出してくれました。

 

解雇は就業規則の第●条の服務規程や解雇条項に違反する具体的行為があったので(「その他前号に相当する不都合な行為」だけではダメ)、解雇通告するという形でないとダメです。

 

また重責解雇(懲戒解雇)の場合も30日分の予告手当ての支払か、30日前の解雇予告が必要です。

 

本事例は不当解雇の可能性が高いので、あっせん又は労働審判で、向こう6ヶ月分の給与の支払(逸失利益)及び精神的苦痛の慰謝料を求めることが可能です。

 

※雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第2条1項3号 相談・指導)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

雇用・労働 についての関連する質問