JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

今年2月1日に、「うつ」による休職から復職した高校教諭です。現在まで、好不調の波があり、有給等の残りが1日数時間にな

解決済みの質問:

今年2月1日に、「うつ」による休職から復職した高校教諭です。現在まで、好不調の波があり、有給等の残りが1日数時間になった、今月初旬、校長から「退職ちせまる」ような発言がありました。病気などにより、残りの休暇がなくなると、「欠勤」となります。規定るでは「7日以内の欠勤の場合、訓告または減給」となっています。ただ、教職員組合に問い合わせたところ、「欠勤が長引くと何らかの措置をされるが、数日では問題ない」との回答を受けました。しかし、学校長は「例えば、1日欠勤して訓告。だけど、また調子が悪くなって、欠勤すると今度は減給と、だんだん重くなる。そうなる前に身を引いた方が得だ」と云います。「辞めろということですか」との問いには、「そう いうことではなく、もし自分(校長)だったら、面倒な処分を受ける前に辞めるということだ」と答えました。
 通院中の神経科の主治医からは、「もし体調が悪くなったら診断書を出して休めるようにするので、気にせず、勤務を続けなさい。来年1月には有給が新しくつくし、2月1日からは特別休暇もとれるようになるのだから」と云われました。
 これまで、何とかやってきましたが、仮に来月(12月)、体調不良で休んだ場合、診断書を出しても校長が無視するかもしれません。そんなことを考えると、睡眠も十分とれず、労働意欲も低下して精神的に一杯一杯の状況です。
 お伺いしたい点は、
  校長の話は「パワハラ」に相当するか(校長とのでやりとりは録音してあります)。
  校長が、診断書を無視して処分に該当するような「欠勤」として県教委に報告しても仕方が無いのかです。
  よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

私立ではなく公立の高校教師の方で公務員でしょうか。公務員の方の場合、病気休暇または休職ができます。

 

病気休暇は定められた一定日数の範囲でとれますが、病気休暇がなくなっても休職ができます。

 

「病気などにより、残りの休暇がなくなると、「欠勤」となります。」とのことですが、医師が診断書を書いてくれれば休職ができるのではないでしょうか。うつにより休職されていたとのことで、休職も定められた最大年数を取得されているのでしょうか。

 

学校長の発言(例えば、1日欠勤して訓告は~面倒な処分を受ける前に辞めるということだ)は暗に退職をすすめるもので、「退職勧奨」となりますが、退職勧奨自体は違法ではありません。また、退職を勧奨された側も退職するつもりがないならそれに応じる必要はありません。つまり、ほっておけば良いです。

ただし、退職勧奨は違法ではないですが、社会通念で考えて退職を勧める行為が限度を超えたものになると「退職強要」となり違法です。

 

したがって、今後も退職を勧める行為がエスカレートして続くと退職強要となり違法となります。

 

パワハラかどうかですが、「退職ちせまる(退職せまるでしょうか)」の発言は、不適切ですが、パワハラになるかというとなんとも言えません。ただ、今後も同様の発言が続くようであれば、パワハラになるでしょう。

 

録音されているのは良い対処法です。このまま証拠をとるようにして、あまりにひどければ最寄の弁護士に相談して訴訟や内容証明の送付を検討されると良いでしょう。

 

 

>校長が、診断書を無視して処分に該当するような「欠勤」として県教委に報告しても仕方が無いのかです。

 

診断書を無視することは安全配慮義務違反となります。病気休暇又は休職がとれる限り欠勤として報告することは許されることではありません。

 

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


 公立高校です。復職後、1年間は病気休暇(特別休暇)はとれないようです(クーリング期間と呼ばれてます)。 


 


 


 主治医が云った「診断書」は、欠勤のための診断書です。「数日なら問題ない」旨、組合から聞いたことを話した所、診断書があれば「正当な理由になる」から心配しなくて良いと主治医が言いました。例えば、「5日間の静養を必要とする」というような診断書を添えて、校長が欠勤報告をしてくれるか、否かが、今一つ分からなかったので、質問させて頂きました。


 

専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

お返事ありがとうございます。

また、評価くださいましてありがとうございます。

 

主治医の言う通り、診断書があれば正当な理由になります。

公務員の方の場合は、病気休暇(特別休暇)の上限を超えて、なお休みが必要な場合は休職処分とすると定められています。

 

仰るような5日間の静養の場合に休職というのは違和感があるかもしれませんが、定めでは休職となっています。あるいは、組織によっては、病気休暇(特別休暇)の上限を超えて、なお休みが必要な場合は、特例の病気休暇を与えるようなところもあります。

 

所属されている組織の規定(規則)にもしかして特例の取扱いがあるかもしれないので確認されることをおすすめいたします。

 

クーリング期間についても最初のクーリング期間は1年のところを半年にするというところもあります。定めには原則の他に例外がもうけられていることも多いのでやはり規定(規則)の確認は大事です。もし、半年であるならば、今年の2月から復職されているのであれば、適用はないことになります。

 

 

>例えば、「5日間の静養を必要とする」というような診断書を添えて、校長が欠勤報告をしてくれるか、否かが、今一つ分からなかったので、質問させて頂きました。

 

→ 校長が報告する際の形式がどうなっているかは、外部の人間からは分かりませんが、診断書を添えるか、あるいは、他の形でも医師の診断書のある正当な理由での休みであることを報告する必要はあると考えられます。校長の判断で医師の診断書を無視するようなことは許されません。

 

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問