JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 416
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

冷凍倉庫での作業では、休憩時間の規定がありますか? 何時間作業で何分休憩を与える等。 労基法第36条の有害業

解決済みの質問:

冷凍倉庫での作業では、休憩時間の規定がありますか?
何時間作業で何分休憩を与える等。

労基法第36条の有害業務に該当すると、残業は2時間を超えてはならないとあります。
冷凍倉庫の規模や作業内容により変わるのかも知れませんが、該当しますか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 3 年 前.

この度も御相談下さいまして誠に感謝しております。

 

冷凍倉庫での作業の件ですが、休憩時間に関しましては法令上特別な定めはございませんので、労働基準法上の通常の休憩時間を与えれば最低限の措置は採られた事になります。

 

しかしながら、これはあくまで最低の法定基準ですので、労働者の体調または作業状況等により、必要に応じて無理をさせないように休憩を多めに与えるといった配慮もされるべきといえます。

 

一方、労働基準法第36条第1項但し書きで時間外労働の2時間制限を受ける危険有害業務に関しましては、労働基準法施行規則第18条で「多量の低温物体を取り扱う業務及び著しく寒冷な場所における業務」が示されています。

 

従いまして、冷凍倉庫内での作業であれば、通常この内容に該当するものと思われますので、2時間を超えて残業を命じることは原則として出来ないものといえます。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問