JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

職場(個人経営の医院)に勤務しておりましたが都合により退職願いを11月11日に提出しました。 その時点では12月末

解決済みの質問:

職場(個人経営の医院)に勤務しておりましたが都合により退職願いを11月11日に提出しました。
その時点では12月末で退職したい旨で届けを出しましたが 一身上の都合で退職したいと書きましたが、それでは理由にならないと言われ事業主の納得するような文言に書き直しを命ぜられそのように書き直しました。そ の後事業主から第三者の前で罵倒されたり人格を傷つけられる様な言葉を浴びせられ体調を悪くして病欠の旨電話連絡したところ契約違反だから無理してでも出勤するよう言われましたが休みました 届けでは12月末と書きましたがもう精神的に出勤出来ませんし、したいとも思いません。この様な場合何か退職にあたり事業主が言う契約違反で損害賠償請求される事はありますか? 採用時に契約書を交わした事実はありません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

まず、労働者には退職の自由が保障されています。
そして、どれくらい前に通知すれば有効かというと、民法627条の「雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する」が適用され、2週間前に通知すればよいことになります。

>一身上の都合で退職したいと書きましたが、それでは理由にならないと言われ…
退職するのに理由は必要ありません。
いかなる理由であろうと事業主は労働者の退職を拒否することはできません。

>第三者の前で罵倒されたり人格を傷つけられる様な…
パワハラに該当します。

>体調を悪くして病欠の旨電話連絡したところ…
事業主は労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働 することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)があります。
体調が悪いと言っている労働者に出勤を強制することはできません。
さらに、パワハラが原因で体調不良になったのであれば、貴方が損害賠償するべき事案です。

>採用時に契約書を交わした事実はありません。
労働基準法15条に書面での交付が義務付けられています。
(書面の交付の有無にかかわらず労働契約は成立していますが)

>退職にあたり事業主が言う契約違反で損害賠償請求される事はありますか?
損害賠償をするしないは事業主の自由ですが、その損害賠償請求が認められることはまず考えられません。
不法行為を行っているのは事業主です。
先程も申し上げましたが、貴方が損害賠償すべき状況です。

このようなことを引き合いに出して、労働契約の即時解除を申し出てください。
とはいえ、この事業主は自分がやっている事の重大さを全く理解していないと思いますので、そのような場合は外部の機関を利用するしかありません。

労働局長による助言・指導制度を利用されるとよいでしょう。
労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターから相談できます。
相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/2.html







remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問