JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1047
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

57歳の夫のことでご相談致します。A傘下のB店の店長として

解決済みの質問:

57歳の夫のことでご相談致します。 A傘下のB店の店長として10月27日まで勤めておりました。  今年4月から東京都荒川区へ単身赴任という形で、24時間営業のスーパーの店長として勤務していたのですが、長時間労働からくる疲労とストレスでうつのようになり、退職届けを記入し、その方向で現在進んでおります 。会社側とも医師の「うつの治療を始めた」という診断書のもとに話し合いを持ち、既に自宅に戻り静養中です。  本人は7月頃から不眠であったり、食欲減退、出勤時の憂鬱感と闘っていたようですが、責任感からがんばっていたようです。  本人が記入した退職届の記載日は10月20日で、退職希望日は12月10日、最終出勤日は10月27日とあります。その時点では有給休暇がどれくらいかある程度は計算して記入したようですが、特にその日でなければならないということではないと会社側には伝えてあり、それゆえ現時点で退職日がいつなのかはっきりしないまま12月10日を迎えそうで家族としては不安です。 特にうつ病の初期であったのであれば、その職場から一日でも早く離れたいという意識が働くのは当然で、また穏便に去ろうと考え一身上の都合ということで自己都合で辞めることにも家族として釈然としないものがあります。 また、管理職であったため時間外労働に対しての賃金が発生するなどとは思いもよらず、店長就任時より時間外手当の申請もしないまま勤務し、人事より申請するように言われて申請した10月度の給与にも結局時間外手当40時間分は支払われていませんでした。 家族として、妻として、夫がうつになり、退職をすること、そして高齢の同居の義母との生活もあり、身動きままならないまま自己都合退職という事柄だけが粛々と進んでいくことに大変困惑しています。 後からですが、休職扱いとして病気療養中に休業手当が支払われる手段があることなどを聞くと、病気の夫との話合いだけで簡単に判断され、家族の意思等全く問われることの無いまま厄介者払いをされるような気持ちです。 取り留めなく書きましたが、現時点で意義を会社に申し立て、退職手続きをストップさせることは可能でしょうか? いつ完治するやも分からない夫に、失業手当給付目的にハローワークへ通わせる事も困難であり、今後の生活に大きな不安を抱え、私自身が憂鬱になります。 もらうものはもらって退職することを受け入れるべきなのか、休職扱いに変更できないものか思案ばかりしています。 よろしくお願いします。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

ご質問の退職手続きをストップさせることは可能かどうかですが、会社が許可すれば退職を撤回することはできます。

 

もし、会社が許可しなけば、退職届を提出されていて、最終出勤日も決まっていて、既にその日付も過ぎていることから、退職を撤回することはできません。

 

時間外労働の賃金については、例え管理職であっても、実質的に管理監督者 と呼べるものでなければ、割増賃金の支払いが必要です。

 

マクドナルドの訴訟でニュースで取り上げられて、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、いわゆる「名ばかり管理職」の問題です。

 

会社が割増賃金の支払いを逃れるためや、あるいはそういう目的がなかったとしても、実質的に管理監督者と呼べるものでなければ、割増賃金の支払いが必要です。

 

割増賃金は今からでも請求が可能です。また、退職してからも請求が可能です。ただ、時効があって2年ですのでご注意ください。

 

会社に対して、不信をお持ちでしたら、退職の撤回は同意がなければできませんので、割増賃金の請求のほうが良いのではないでしょうか。

 

割増賃金の不払いは労働基準法違反なので、労働基準監督署に申告してください。

 

 

>いつ完治するやも分からない夫に、失業手当給付目的にハローワークへ通わせる事も困難であり、今後の生活に大きな不安を抱え、私自身が憂鬱になります。

 

国の社会保障の傷病手当金を受給できる可能性があります。

 

傷病手当金とは病気やけがで会社を休んで給料が出ない場合に、健康保険から生活保障として支払われるお金です。

 

傷病手当金が支給されるためにはいくつかの条件をクリアする必要があります。
まず、健康保険に加入していることです。

 

その上で、次の3つの条件を満たす必要があります。

1.病気やけがのため働くことができないこと
2.会社を休んだ日が連続して3日間あること(待期といいます)
3.療養のためであること

 

傷病手当金は連続3日の休みの後の休んだ日について、標準報酬日額の約3分の2相当(お給料の3分の2ぐらい)が支給されます(連続3日の間はもらえません)

 

お給料が出ている日については、傷病手当金とお給料の両方をもらうことはできません。

 

傷病手当金は場合によっては、在職中から継続して退職後も受給可能です。

 

退職後も継続して傷病手当金が支給されるには1~3に加えて次のアとイの条件をクリアする必要があります。

 

ア 資格を喪失する前の前日までに健康保険に継続して1年以上加入していること
イ 傷病手当金を受けているか、受けることができる状態にあること


アは勤続年数が1年以上で健康保険に加入していればクリアします。

 

したがって、傷病手当金が受給できて、割増賃金も支払わせることができればかなりの金額になると思います。傷病手当金の申請手続きは会社に言うと行ってくれます。

 

失業保険については、受給期間の延長手続きをすることによって、治癒後の失業保険の受給が可能です。

 

質問者: 返答済み 3 年 前.


早速にご回答頂きありがとうございます。


 


ひとつだけ教えてください。


傷病手当金についてですが、医師の診断書を提出した後も、小さな店舗(男性正社員は店長の夫と、店課長《・・副店長職》)で、連続して3日休む事は不可能であったため、うつで体調が悪くてお店に行けないと休んだのは10月14日の1日で、15日は予定通りの公休日でした。


 


条件を満たせる環境で無かった場合、やはり条件を満たしていないからと給付要件不備で支給されないのでしょうか。


管理職であったがために耐えていたことが、結果自分にマイナスに働くことに理不尽さを感じますが、如何ともしがたいでしょうか。


 


ご回答をお待ちします。

専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

お返事ありがとうございます。

 

傷病手当金の待期の連続3日間は、医師が労務不能であると診断すれば、有給休暇を取得した日も含めることができます。

 

10月27日が最終出勤日であれば、10月28、29、30日を医師が労務不能と判断すれば、有給休暇を取得していても待期は完成して、10月31日以後の休んだ日について支給されます。

 

待期の3日間が過ぎた期間の有給休暇を取得した日については傷病手当金はストップしますが、それは有給休暇により給料が出るので二重にもらうことを防ぐためであり、有給休暇を取得した日も労務不能であれば傷病手当金をもらえる状態です。つまり、傷病手当金をもらえる状態だが、給料が出ているので停止している状態ということです。

 

会社に連絡して、有給休暇の取得日と退職日を確認するのが良いでしょう。傷病手当金についても事務の担当者でしたら知っていると思います。

 

そして、傷病手当金の申請を会社にお願いして、申請書をもらい、医師に証明をもらう欄があるので、証明をもらってください。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問