JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

上司より仕事上のミスで注意を受けた。顛末書を書き、迷惑をかけた方にしっかり謝罪もした。 それなのに突然、自宅待機業

解決済みの質問:

上司より仕事上のミスで注意を受けた。顛末書を書き、迷惑をかけた方にしっかり謝罪もした。
それな のに突然、自宅待機業務を任命され、「弁護士と相談をしながら、質問書を作成するから
当分自宅待機、と命ぜられた。程なく1回目の質問書が届いた。内容は、職場で質問されたこととほぼ同じだったので、その日のうちに書き、速達で送った。数日以内に「不明瞭な点がいくつかある」という理由で、また当分の間自宅待機。今日で自宅待機命令から10日。
全く理由が分からず、困っている。
これまで管理職とは何もなく、信頼もしていた。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

業務命令で自宅待機を命じられている以上、労働者はそ れに従う必要があります。

どのようなミスかは分かりませんが、会社はそこに不明瞭な点があると思っているようですので、その調査が終わるまで待つしかありません。

そして、万が一身に覚えのないことに対してまで懲戒処分を下されるようであれば、そこから異議を申立てていくことになります。

今後も自宅待機が続き、その期間が不当に長いと思うのであれば、一度労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターにご相談されるのも良いと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

自分の職場には顧問弁護士が1名しかいない。今回私に質問書を出してきた上司が先にその顧問弁護士と契約した。まだ起訴されたわけでもなく、訴訟に持ち込まれる可能性は低い。①訴訟を起こすわけでもないのに、どうして顧問弁護士を使って、自分に質問、報告をしてくるのかが分からない。②私にも弁護士をつけた方がよいのか。③管理職は私を何らかの懲戒処分に追い込もうとしているのか。

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

 

>突然、自宅待機業務を任命され、「弁護士と相談をしながら、質問書を作成するから
当分自宅待機、と命ぜられた。程なく1回目の質問書が届いた。

→懲戒処分を決定するに先立ち、処分に該当する行為があったかどうかを調査したり、手続き上懲戒委員会で審議を必要とする場合、一定期間就労を禁止する場合があります(自宅待機・自宅謹慎)。

 

  ア 自宅で謹慎や待機することが労働者の提供する労働義務となっている場合と、

 

 イ 使用者が労務受領を拒否する意思表示となっている場合とがあります。

 

 一般には後者の場合が多いです。

 

 

 謹慎処分の有効性 

 

 まず就業規則に規定がある場合とない場合とがあります。ある場合でも「社員に懲戒処分に該当する事由があるときには、その処分が決定するまで、出勤停止を命じることがある。」というような一般的規定によって、自宅待機命令の根拠は導き出せても、具体的な自宅待機の有効性まで肯定されるわけではありません。

 

 ⅰ懲戒処分事由がないことが明らかな場合は、自宅謹慎命令は権利濫用として無効です。

 

 ⅱ その期間は、不当に長期にわたる場合は、懲戒処分を行ったと同様になるので、調査や審議に必要な相当な期間に限定する必要があります。それを超える場合は、権利濫用として不法行為に該当します。

 

 ⅲ 自宅謹慎を行うだけの合理的理由が必要で、それがない場合は、やはり命令は無効です。

 

 自宅謹慎中の賃金

 

 アの場合、自宅で待機していれば、それが債務の履行になっているので、使用者の賃金支払義務は消滅しません。

 

 イの場合、ⅰ 自宅謹慎を正当とする理由がある場合は、

 

 使用者の責めに帰すべき事由による労務の履行不能ではないので、使用者の賃金支払義務は生じません(民536条2項)

 

 ⅱ 自宅謹慎を正当とする理由がない場合は、

 

使用者の責めに帰すべき事由による労務の履行不能となり、賃金支払義務が生じます。

 

 アであることを明示しない限り、一般にイが多いことは上述のとおりです。

 

 本当は、質問書など答える義務はありません。むこうが証明責任を負います。何を悠長に調査しているのでしょう。

 

 「賃金支払義務についてどう考えるのか?」「自宅謹慎命令の法文上の根拠を示せ。」「自宅謹慎命令の有効性を示せ。」と逆問してやりましょう。

 

 

 

 ※雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第2条1項3号 相談・指導)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 

企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1355
経験: 中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問