JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

主人の労働状況について、お尋ねします。個人経営の飲食店に、長年勤めております。最近の勤務なのですが、もう、2ヶ月以上、午前中8時には家を出て~帰りは朝方7時で、この2日ほどは帰って

解決済みの質問:

主人の労働状況について、お尋ねします。個人経営の飲食店に、長年勤めております。最近の勤務なのですが、もう、2ヶ月以上、午前中8時には家を出て~帰りは朝方7時で、この2日ほどは帰ってもこれないほどの状況です。ほとんど睡眠がとれていないようすで、、。
オーナー夫妻とは長年のお付き合いで、主人も店長という立場を長い間任されて いるわけですが、あまりにもハード過ぎるのに何も改善されないことに、かなりの不安と疑問を感じ、メールをさせていただきました。日中も、休憩らしい休憩はないようで、主人自身が不満をもらさず仕事に打ち込んでいるので、私が余計なことを言い出すのもおかしいのですが、もし、主人のそれがオーナー夫妻との関係上での義理やしがらみ?があってのことだとしたら、尚更、今の状況が改善されにくいのでは、、と感じています。お休みはなんとか、週に1日はとれていますが、年齢も51歳とあって、 疲労はピークをとうに越えています。私が、労働基準監督署?などに話すことも考えたのですが、その事で主人の立場や他のスタッフに迷惑をかけることになってはと、躊躇しています。何をどうすれば、この状況は改善されるのでしょうか?何卒よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

 ご主人は店長ということで、監理監督者として労働時間の規制の適用除外にされている可能性もあります。時間外労働が認められても、1w15h、1ヶ月45h、1年間360hと上限が決まっています。

 

 その事業所は就業規則もなく、過度労働が常態化しており、違法(ブラック)状態であると思います。

 

 監督署に相談に行かれるのがよいでしょう。申告したことによって、ご主人が何ら不利益を与えられることはありません(労基法で罰則付き禁止)。

 

その際、イ 過度労働の実態把握として、日報・メモ、

 

 ロ 店長ではあるが、ⅰ 労働時間についての拘束を受けておらず、自己の判断によって自由に出社、退社、休憩をとりうるという自由裁量権限はないこと、ⅱ 事業経営者と一体をなし、経営及び従業員について管理的立場にあるものであって、使用従属関係上の拘束が一般労働者に比して弱いとはいえないこと、の証拠が必要です。

 

  社労士会でも労働者がわの相談を受けていますので、代理人として会社と交渉してもらうことも可能です。

 

※雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第2条1項3号 相談・指導)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

質問者: 返答済み 3 年 前.

監督署に申告するなどの、具体的な対応策はわかるのですが、その行為が主人の本意ではないという点が、引っかかる為、匿名で申告するわけにはいかないのでしょうか?

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

 申告は匿名の場合、どうしても信憑性が疑われるということで、取り上げてもらえない場合があります。また口頭より書面のほうがよいようです。

 

 ご本人は、残業手当てはもらっているのでしょうか?それもなしで、過度労働というのでは、健康を害してしまいます。いや強制労働ですね。

 

 奥様が代理で監督署にお話をしにいくのはよいと思います。また社労士に頼んで、申告から刑事告発までしてもらう方法もあります。

 

 

※雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第2条1項3号 相談・指導)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。



kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問