JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

美容室関係への営業をしています。お得意先の女性と交際し結婚することになりました。実は入社時に会社からは、そうなったら

解決済みの質問:

美容室関係への営業をしています。お得意先の女性と交際し結婚することになりました。実は入社 時に会社からは、そうなったら解雇すると口頭で言われていました。しかし、相手の女性は交際時は確かにお店を運営していましたが、現在はすでに美容室を廃業しているので問題ないと思い、会社に正直に報告しました。しかしながら、会社からは解雇と厳しく言われました。しかも、12月に入ると賞与があるので、11月一杯で辞めろと言ってきました。女性がお店を廃業しているので納得できません。子供が生まれる予定なので、なおさら辞めるわけにはいかないのです。どうしたらよいでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

お得意先の女性と結婚しても解雇の理由となりません。

たとえ、入社時に、そのように会社から言われていても解雇理由となりません。

 

ましてや美容室を今現在は廃業しているのでしたら、なおさら解雇理由となりません。

 

仮に解雇してきても、不当解雇なので無効とすることができます。

 

解雇に関する条文は労働契約法16条にあります。

「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」

 

結婚は私生活上の行為であり、合理的な理由とならず、解雇してきても無効です。

 

11月末で辞めろと言ってきたことへの対処法ですが、はっきりと「辞めません」と言ってください。

 

使用者が労働者に退職を働きかけることを、「退職勧奨」と言いますが、労働者はそれに応じることもできますし、拒否することもできます。

 

今、辞めるわけにはいかないのでしたら、はっきりと退職を拒否してください。

 

 

 

 

 

 

 

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問