JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

はじめまして。質問は、どう対処すべきか教えてほしいです。アルバイトが社員よりクビとか、いらないとか!運送ルートの組み

解決済みの質問:

はじめまして。質問は、どう対処すべきか教えてほしいです。アルバイトが社員よりクビとか、いらないとか!運送ルートの組み方がお子ちゃまル ートだとか!半年に渡り嫌な言い方をされ、ホットライン、労基署などにいかれました。

当初は、社員の罰や、回答書や、謝罪と言っていたのですが、最近は、最低でも3ヶ月の給与保証をしないとといいだしました。

また、辞めたくないけど、辞めさせられる方向に言わされているんだから、会社都合にして下さいといわれているようです。会社としては、現在の仕事から違う仕事はどうかと促したが、断られました。会社としては、会社都合で普通解雇を考え、解雇手当てとして30日分のおわび料をお渡し、確認書にて争いは起こさないとサインをしていただこうと思います。まちがえてますか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

解雇予告手当を支払って労働者を解雇する、というのは労働基準法に沿った手続きですので、何ら問題はありません。

そして後日トラブルにならないよう、「争いは起こさない」という確認書を取り交わすのも賢明な措置と言えます。

①会社都合退職にする

②解雇予告手当を支払う

③確認書を取り交わす

 

という方法は間違っておりません。

質問者: 返答済み 3 年 前.

りがとうございます。



まだ不明点があります。


 


相手側は辞めたくないのに辞めさせられる。


だから、3ヶ月の保証といいます。


 


何がとくさくかわかりません。


本社は、3ヶ月をおわび料として払うのは問題ないといわれました。精神的苦痛料としてそれかじゅうとうならと。


メンタル料を考えたとき、何を基準に考えその料金を算出するのでしょうか?


 


会社としては


 


こんなことになったので、雇用契約は結びたくない


 


社員に対する処分確定、会社都合により


パワハラをした。コンプライアンス室の回答は会社に日があると言われた。


 


バイト2名は、自分達は辞めたくないのに辞めさせられる方向にある。だから会社都合で退職と


いってる。


 


会社の誠意は、


①他の仕事への促し →断られる


②会社都合→11月末解雇 このときの計算は、いまからなら、30日分にみた内分の約10日分だけでいいが、本人達は10月末をもって来ていない。


 


おわび料ということで30日分を支払う


 


③会社の制裁→助成金ストップ 約一年半


 


今回の進め方に問題がないかです。


本来ならどのように進めるべきですか?


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.

退職せざるを得なかった場合の和解料に相場というものはありません。

ただし目安になるものはあります。

労使紛争が当事者同士で解決しない場合、あっせんという労働局の制度がよく利用されます。このあっせんでの「退職せざるを得なくなった」という案件の場合の提示される和解の金額は月給の2カ月分~6ヶ月分が一般的です。

その意味では「3カ月分」というのは妥当と言える金額と考えられます。

 

そして本人は既に出勤していない状況であるわけですから、

①本人に即日解雇の通告を行う(通告する日付で)

②解雇予告手当(賃金30日分)を支払う

③おわび料として3ヶ月分を支払う

④確認書を取り交わす

 

という手順でよろしいかと存じます。

解雇予告手当とは解雇する際に会社が支払う法的義務ですので、おわび料とは別物です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問