JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

今年の7月末に定年退職し再雇用嘱託として継続雇用をしています。役職は現役と同じで部長のままですが、給料は3割カットさ

質問者の質問

今年の7月末に定年退職し再雇用嘱託として継続雇用をしています。役職は現役と同じで部長のままですが、給料は3割カットされました。就業規則では嘱託の委嘱期間は原則として1か年、本人の希望により、満65まで本人の希望により更新できます。 また更新条件は65歳まで1年単位と明記してあります。今回お聞きしたいのは、嘱託になって4か月ですが、来年1月から組織改革で部長をしている部が、吸収されなくなるということを聞きました。そこで私の契約内容が来年1月から変更され、給料が部長でなくなった場合減額されるのでしょうか?今年の8月から来年7月までの1年間は、契約内容が変わらないと思うのですが。ご返事いただけませんか。よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

ご相談のケースでは1年の期間で締結した雇用契約の内容がどのようになっているのかによって状況が変わります。

以下に例を挙げます。

 

①基本給50万円、というような賃金提示の雇用契約の場合

⇒今年の7月~来年の8月までは契約内容は変わりません。たとえ部長職ではなくなったとしてもです。

 

②基本給40万円・役職手当10万円、というような賃金提示の雇用契約の場合

⇒部長という役職を外れることによって役職手当10万円の支給はなくなり、基本給40万円の支給のみになります。

 

 

再雇用で嘱託契約した際の雇用契約書の内容をご確認いただけたらと存じます。会社は労働条件のうち、賃金やその決定方法、支給時期などは書面で明示しなければならない義務を負っておりますので(労働基準法15条)、ご相談者様のお手元に雇用契約書や労働条件を明示した書面がおありかと存じます。

また、就業規則についても変更があった場合には労働者に周知しなければならない義務が会社にはありますので、労働者が「そんな変更があったのは知らなかった」という事態は許されません。なお、就業規則は労働者がいつでも閲覧できるように備え置かなければならない義務も会社は負っています。ですので労働者が就業規則を確認できない、ということはあり得ません。就業規則を閲覧させるよう、会社に要求して下さい。

いくら就業規則を変更しても、労働者への周知が行われていない変更は無効とされます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


回答ありがとうございました。


賃金提示の書面では本給、調整給、身分手当などの欄には提示はなく、一括で月手当の欄に金額が書いてあります。あとは別欄に賞与年2回となっております。まだ来年のことで、何も話はありませんが、減額提示があった場合の拒否の根拠の材料がほしいです。他に何かございましたら教えてください

専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.

減額提示があった場合の拒否材料はまさに賃金提示書面の

「本給、調整給、身分手当などの欄には提示はなく、一括で月手当の欄に金額が書いてあります。」

という部分です。

部長という職に対する手当は含まれていないわけですから、部長職を解かれたからといって賃金カットされるいわれはございません。

一括で書かれた金額で1年の有期雇用契約を締結したのですから、期間途中で会社が一方的に賃金をカットする権限はありません。契約違反です。

 

以上、回答させていただきます。

雇用・労働 についての関連する質問