JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1048
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

自分は特養に勤務する看護師です。今日突然上司5人に呼ばれ「あなたはもうこの職場に必要なくなったので もう辞めてもらっ

質問者の質問

自分は特養に勤務する看護師です。今日突然上司5人に呼ばれ「あなたはもうこの職場に必要なくなったので もう辞めてもらって結構です。」と言われました。 理由は7月頃自分が院長の診察についた際に自分とは全く関係なく病院との電話やり取りで激怒した院長が自分の右手に電話機を投げつけ、その後夜間になり親指が腫れ、激痛の症状が出てきたため、夜間でしたが特養の施設長(院長の息子)と看護師長に電話し状況を訴えました。その時にこんな状況だったら職 場を辞めたいと伝えました。今日の話の内容はそれが原因でした。それに付け加え 自分は仕事ができないとか、介護職員と連携が取れていないとかいろいろ脅迫的な口調で言われ、あんたがここの職場を辞めてももう勤務できる職場はないから と言われ非常に恐怖を覚えました。 7月の電話で辞めたいと思いますと言ったことは事実ですが、いつ辞めるといったことはなく、それを述べたら「こちらはあなたの意に添うように新しい看護師を探したのでもうあなたは必要ない。辞めないのなら明日から別な職場に移動しろ」と言われました。自分としては次の職場があるわけでなく、やむなくその命令を受けるしかありませんでした。その後 今日一緒に勤務した看護師に事情を伝えたら「あんたもやられたね、看護師長に嫌われた看護師何人も言われなき事情で辞めさせられたり移動させられ、そこで嫌がらせを受けて辞めていった人が何人もいるからとうわさで聞いていた。」介護職員にも聞いたら「NN さんが来てからものすごく話も聞いてくれて、やっと介護職員の立場に立ってくれて安心していたのに」と その後 今日の勤務の最後に巡回するのですが、その際にそのフロアーの介護職員に今日が最後です、と事情を説明、泣いて「なんで~」と言われました。その時、施設長の部下が来て「何も話すな」と命令されました。理由を問いました。「今言いましたよ!説明は以上です」でした。今後 次の職場に行ってもどのような嫌がらせ、たくらみがあるのか、人間不信だけでなく精神的不安・恐怖で気が狂いそうです!!! 今までも 突然いなくなった職員を何人も見てきたので・・・

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

職場での出来事、ご心痛お察し申し上げます。

 

貴方は今後、どのような方向をお考えでしょうか。

・在職を続ける

・退職しても良い

・慰謝料を請求したい

などです。

 

まだ方向が決まっておられないかもしれませんが、漠然とでもどのような方向をお考えがお知らせください。

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

できるだけ早く別な職場を探したいです。しかし 今すぐに退職したら生活収入がないので・・脅迫のように言われ今回のように移動を受けざるをえませんでした。次の職場が見つかる?まで勤務するしかありません。


移動先の職場で 自分を自己退職させるための いろんな嫌がらせとかあるのではないかと心配です!!!


事務長が「あんたが辞めても次の職場は見つからないから」の言葉も不安です。


医療関係は裏情報が流されたらもうアウトなのです。これは合法ですか?

専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

お返事ありがとうございます。

 

退職をしても構わないが、次の就職先が見つかるまでは在職を続けたい。でも、嫌がらせがあるかもしれないので、それを何とかしたいということですね。

 

もし実際、嫌がらせをしてくるのであれば、証拠をとって、専門家に内容証明郵便を作成してもらい、その嫌がらせをしてくる相手に送れば、嫌がらせをかなりの確率でやめさせることができます。

 

「訴えられるかもしれない」、「証拠をまたとられるかもしれない」と相手に分からせるのです。そうすれば、相手もそう安易に同じように嫌がらせをしなくなります。

 

証拠の取り方ですが、ICレコーダーで相手との会話を録音する方法があります(患者のいるところでは録音はやめておきましょう)

詳しいメモ書きや証言も証拠になり得ます。証拠を残しておけば、精神的な余裕も生まれてきます。

 

あるいは、「これ以上、嫌がらせをするのであれば訴えます」と言うのも効果的でしょう。職場で嫌がらせをするのは、地位を悪用した弱いものいじめですが、訴えられるのは誰しも嫌なものですし、強気の人には嫌がらせはしにくいものです。

 

その他、労働局に相談しておくのも良いでしょう。労働局の助言・指導というのがあり、使用者に対して連絡をしてくれます。バックに労働局がいると思うだけで、心強くなるでしょう。

 

直接、最寄りの専門家に面談を申し込んで相談するのも良いでしょう。専門家の中でも特に弁護士に相談しておけば、精神的な支えになりますし、いざというときに、内容証明郵便を送ったり、訴訟することができます。

 

事務長の言葉は脅しです。気にすることもないですが、同じことを言ってくるようであればやはり録音しておけば、相手を訴えることも可能になります。

 

これらの方法はどれか一つだけ選ばなければいけないものではなく、例えば、労働局にも相談して、弁護士にも相談して、証拠を取るというのでも構いません。

 

 

雇用・労働 についての関連する質問