JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

初めまして。 私は只今、先月退社した派遣会社と給与に関して問題があり、労働基準監督署に指導を頂きつつ模索中の者です。 *困っていること 1.在籍中にヘルパー2級の資格

解決済みの質問:

初めまして。
私は只今、先月退社した派遣会社と給与に関して問題があり、労働基準監督署に指導を頂きつつ模索中の者です。

*困っていること

1.在籍中にヘルパー2級の資格を会社負担という事で取ったが、退職後の明細で事前に連絡も   なく 講習料が引かれていた。
2.会社の就業規則には講習費に関して記載が無く、消費貸借にあたる契約書もない。
  私に支払い義務はあるのか。
3.退職するにあたり、有給消化は可能という事で給料明細にも明記され、一度は振り込まれたの  にも関わらず後になって
  契約が切れた日が退職日なので 退職後の有給は認めないと言われた。

就業規則には
退職:1.雇用契約の期間が満了したとき。
    2.本人の都合により退職を願い出て会社の承 認があったとき、又は退職を願い出て14日      が経過したとき。

本来であれば10月25日に約20万円の振込があるはずのところ約8万円の振込になり、生活が困窮しています。
退職した理由は、市内には派遣先がないと言われた為。仕方がなく新たに仕事を探さなくてはいけなくなりました。

このようなトラブルになってから派遣会社は、退職前に紹介した施設に行かなかったことを業務命令に反する。(誠実労働者義務違反)と言います。
派遣会社との話では当初から通勤片道20以内でとお願いしてたので、紹介のあった施設は片道40分では厳しい事を理由に断りました。
どうか専門家の見解をお教え下さい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

会社とのトラブル、ご心痛お察し申し上げます。

さっそく回答させていただきます。

1.在籍中にヘルパー2級の資格を会社負担という事で取ったが、退職後の明細で事前に連絡もなく 講習料が引かれていた。

⇒給与からの天引きは社会保険料や税金を除き、労働者の同意なく行う事はできません。それを会社が勝手に行ったわけですから賃金全額払いの原則を定めた労働基準法24条に違反します。労基署の見解の通りです。

 

2.会社の就業規則には講習費に関して記載が無く、消費貸借にあたる契約書もない。私に支払い義務はあるのか。

⇒1.のご相談の中に「会社負担という事で取った」とありますので、会社負担のものを後から労働者が負担する必要はありません。

 

3.退職するにあたり、有給消化は可能という事で給料明細にも明記され、一度は振り込まれたのにも関わらず後になって契約が切れた日が退職日なので 退職後の有給は認めないと言われた。

⇒派遣や契約社員といった有期労働者は契約を更新しない限り、契約期間が満了した時点で退職となります。退職日後はその会社の労働者ではないので有給休暇を取得する余地がありません。有給休暇は会社に在籍している期間でしか使用することはできません。ですので、退職日(契約満了日)を超えて有給休暇を使用することはできないことになります。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

「専門家の見解をお教え下さい。 」とのご相談でしたので、労働基準法という法律の見解を回答させていただきました。専門家ではなく法律の定める見解です。

ご評価がマイナス評価をいただきましたが、ご相談に対する回答のどの部分が参考にならなかったのかをご指摘いただけますでしょうか。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございました



1.3.については納得致しました。


 


2.に関しては現在退職した会社から講習費の請求書を送ると言われてい  ますので不安な気持ちでおります。


「会社負担のものを労働者が払う必要はない」と回答をいただきましたが、会社に納得してもらう為の言葉としてそれだけでは自信がないのです。


 


その会社には今年の2月に入社し、8月に資格を取り10月に退職しました。退職理由は通勤に片道40分かかるところしかないと言われたからです。私の説明不足で申し訳ありません。


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談者様は既に労基へご相談され、そこ(行政)の見解を確認されておられるはずです。

 

「資格講習費が消費貸借にあたり、その契約書があれば支払い義務がある。それを派遣会社に確かめましたがないようです。」

そして

「在籍中にヘルパー2級の資格を会社負担という事で取った」

とおっしゃられているわけですから、支払の必要がないことは明らかですよね。自信を持って下さい。

請求書を送ると言われているとのことですが、講習費は「勝手に引かれていた」とおっしゃられているのに、再度請求される、ということなのでしょうか?むしろ勝手に天引きされた講習費を取り戻すべきです。

交渉に自信がないようであれば、弁護士に代理交渉を依頼してでも解決すべきです。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問