JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

退職手続きに関してご相談したくご連絡致しました。 長文に成る事お許し頂ければと思います。   2013年9月2

質問者の質問

退職手続きに関してご相談したくご連絡致しました。
長文に成る事お許し頂ければと思います。
 
2013年9月2日付でA社に入社致しました。
試用期間中の25日付で退職致しました。

退職の経緯と致しましては、
雇用形態は正社員(入社後6ヶ月間は試用期間)で雇用契約書を結びました。
先週正社員ではなく契約社員だがらと同僚から言われました。

10月28日午前、私から社長に面談をお願いし、
雇用契約書と実体が異なるため、
10月末に退職したいと申し出を致しました。
その場では退職を認めて頂けませんでした。

10月28日午後は体調不良で早退を致しました。
10月28日早退の事は上長に報告済みです。


翌日10月29日(火)、
直属の上司宛に体調不良で全休する事を報告致しました。
その連絡の際、今後の事について 相談をしたいと直属の上司宛にお願いを致しました。

上長経由で社長が面談をしたいので出社してほしいとの連絡があり
16時頃出社致しました。

社長面談の際に、
社長に退職の意思を再度私から伝えました。
その場で退職が認められ退職届けもってきた
と社長から聞かれました。

私がないと答えると
社長から10月25日付けで退職届けを書いて、名刺と健康保険証を返却して荷物を整理して退職してくださいと伝えれました。

即日退職が出来た事で
懲戒解雇扱いになっていないか心配しております。
社長が気に入らなかったら懲戒解雇や自己都合に追い込まれると
上司や同僚から聞いたからです。

社長面談では懲戒解雇のお話はありませんでしたが、
後日離職票が送られた際に重責解雇になっていないか不安でご連絡さし上げました。

私は自分で退職を申し出て退職届を社長宛に提出、受理して頂けたので
私は自己都合扱いになっているとの認識なのですがこの認識でよろしいでしょうか。

離職票が届き懲戒解雇になっていた場合
法的対応と取る事は可能でしょうか。

離職票が届かないと何ともいえないと思いますが・・・・。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

貴方が提出した退職届を会社が受理し、退職するので退職理由は「自己都合退職」となります。

仮に離職票で懲戒解雇になっていたとしても、ハローワークで異議を申立てることができます。
そして、ハローワークは会社 と貴方の言い分を聞いて、事実確認を行います。

そもそも、客観的で合理的な理由のない解雇は認められません。
懲戒解雇であれば、尚更です。
懲戒解雇が認められる事由としては、横領、重大な秘密情報の漏洩、重大な経歴詐称、長期無断欠勤などです。

自分から辞めるといっている社員に対して、不当解雇で訴えられるリスクをおかしてまで会社が退職理由を懲戒解雇にすることは考えられません。
万が一、懲戒解雇扱いになっていれば、前述の通りハローワークで異議を申立て、さらには不当解雇として訴えることができます。

また、そもそも論ですが、入社時に提示された労働条件(雇用契約書の内容)と実態が異なっていれば、労働者は即時に労働契約を解除することができます。
(労働基準法15条2項)
このことによって会社が損害を被っても、労働者は賠償の義務を負いません。

貴方の対応に何ら落ち度はなく、間違っているのは会社の対応ですので、どうぞご安心下さい。
専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
こんばんは。

回答をご覧いただき、ありがとうございました。

まだ評価をしていただけていないようですが、回答内容にご不明な点、説明不足だと思われる点などありましたら、ご返信にてご指摘ください。
追加のご質問をしていただくには、回答を評価後、新たに投稿をしていただく必要があります。

サイトルールを守ってのご利用、何卒よろしくお願いいたします。



雇用・労働 についての関連する質問