JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1380
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

家族経営(個人事業)で店をしています。息子は27年前に勤め先から呼び戻され今は主として勤めています。店を息子に

解決済みの質問:

家族経営(個人事業)で店をしています。息子は27年前に勤め先から呼び戻され今は主として勤めています。店を息子に譲るから、との口約束で今に至っています。父も76歳となり、3年前に脳出血を発症してから、仕事にも支障をきたし、今年から認知症の治療を受けつつ介護(デイサービス)を受ける状態となりました。父と息子は本店・支店として住居を別として給料をいただく形 態で勤めています。父の状態から、事業継承と父がかけている中小企業共済の退職金を満額受け取る条件として息子が会社を立ち上げることがベストであると商工会からの働きかけもあり、退職金で会社を立ち上げようとなり、現在手続きをすすめております。住居を別にしていることで、退職金を受け取ることができると税理士さんからのすすめもありました。ただ、名義は全て父の名義の通帳に入っているため父の了解が必要です。なかなか父が了解してくれません。息子は退職金を受け取ることは一般的に見て無理なのでしょうか。発症する前にも息子に譲る話はありましたが、そのときは中小企業退職金を満額もらう方法がわからず保留になっていました。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 >事業継承と父がかけている中小企業共済の退職金を満額受け取る条件として息子が会社を立ち上げることがベストであると商工会からの働きかけもあり、退職金で会社を立ち上げようとなり、現在手続きをすすめております。

 

 中小企業退職共済を受ける条件として新会社設立が条件ということですね。商工会、税理士、司法書士が入ってみえるということで、さらに付け加えることはありません。専門家どうしで連携をとって手続きをすすめていかれればよいと思います。

 

 税理士さんからお父さんに説明に来てもらってはいかがでしょうか。

 

 個別の退職金は、支給慣行なり就業規則で退職金規定をもうけてないと難しいですね。

 

 ※企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

質問者: 返答済み 4 年 前.

父は事業を廃業して退職金をもらうのに対して、私たちは月2~3日の休みだけで一日14時間労働をして来たが「一切お金を支払わない」と言う一言で終了なのですか。もしその分を請求するならいくらくらいですか。

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

>私たちは月2~3日の休みだけで一日14時間労働をして来たが「一切お金を支払わない」と言う一言で終了なのですか。もしその分を請求するならいくらくらいですか。

 

 すむわけないじゃないですか。

 時間外労働があったとして、1w15h、1ヶ月45h、1年360hが上限なのですが、そこまでは割増賃金(時給×1.25)の支払いが2年分(なぜなら2年の消滅時効にかかるから)は可能です。ただし、労働時間の証明(立証)が必要です(メモでもよろしいです)。

 

 時給がわかりませんが、時給800円の場合、800×1.25×360h×2年=720,000円

 

 また実時間外労働の対価を請求する場合は

 

 1w6h(14ー8)×4=24h、1ヶ月96h、1年1,152h、時給800円の場合

800×1.25×1,125h×2年=2,250,000円

 

 これは退職金としてではなく割増賃金の請求という形でよいでしょう。

 

 とれるものは何でももらいましょう。

 

 ※雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第2条1項3号 相談・指導)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。




kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問