JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

会社が一旦退職届けを受理したのに、後から買掛残高が違っている、ということで残高が合うまで辞めてはいけないし、有給も認

解決済みの質問:

会社が一旦退職届けを受理したのに、後から買掛残高が違っている、ということで残高が合うまで辞めてはいけないし、有給も認めない、とのこと。
確かに残高が違うことを把握しながら報告が遅くなった私も悪いのですが、最終出勤日予定の2日に「辞めてはいけない」 と言われて、残高も合わせられず、辞めないといけない日が近づいているのに辞めさせてくれません。
会社自体は2年以上いち社員に一任して放置していたのに、辞める直前にこんなにもうるさく言われて、辞めさせてもらえないのは納得がいきません。
そのための上司ではないでしょうか?
自分が悪いのもわかっていて、有給はもういいと思っているのですが、どうやったら辞めれるでしょうか? ちなみに、残高は私の力では合わせられませんでした。10日ほどがんばりましたが……。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

会社での出来事、ご心痛お察し申し上げます。

ご相談者様は正社員であり、退職予定日の2週間前までに退職届を提出されておりますでしょうか?その前提で回答させていただきます。

結論から申し上げますと、退職できます。

根拠は、民法627条において「期間の定めのない労働者は2週間前までに退職の申出をすれば退職できる。」(要約)と退職の自由が法律によって認められているからです。

仕事の進捗度合いや仕掛中の仕事の有無などは関係ありません。

つまりご相談者様には退職の自由があり、会社がそれを妨げる事はできないのです。買掛残高が違っていようが関係ありません。

退職の自由が認められている以上、会社が「買掛残高を合わせもしないで強引に退職されたから迷惑を蒙った。」といった理由で損害賠償請求することもできません。

もし退職予定日にご相談者様を退職させないような対応を会社が取り続けるのであれば、労働基準監督署へ申告して下さい。行政から会社に働きかけてもらえます。

買掛残高が違っている事と退職する事は別問題です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


回答ありがとうございます。ただ、会社に結婚相手がいて、その人に風当たりが強くなると困るので、そこが1番悩みどころです。


ちなみに、買掛ではなくて売掛でした。解釈はどちらでも同じですよね?


本当の退職日は15日です。でも、今日も出勤しています。


結婚相手のことを考えると、勝手に辞められなくて、本当に困っています。


 


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.

売掛でも買掛でも同じです。退職の自由が侵害されることはありません。

結婚相手が同じ会社ではさぞかしお悩みの事と存じます。ご家族様等ともよく話し合われて結論を出した方がよろしいかと存じます。

雇用労働の専門家としてご相談者様に回答できるのは「退職できます」です。

しかし人間関係が絡んでいるのであればよくよく身内の方々と相談の上、結論を出すべきかと存じます。

雇用・労働 についての関連する質問