JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

退職についてご質問致します。 先日出向先から帰社し、自社で新プロジェクトが開始されました。 私としてはプロジェク

解決済みの質問:

退職について ご質問致します。
先日出向先から帰社し、自社で新プロジェクトが開始されました。
私としてはプロジェクト開始前から退職を悩んでいたのですが、
自社に戻り勤務しているうちに、退職する決意が固まりました。
また、退職する事について会社に迷惑がかかるのは承知しておりますが、
私としては最低でも一週間勤務し、その後有給全て消化し、退職したいと思っております。
社会人のマナーとして最低なのは重々承知しておりますが、心がついていかず、
これ以上の勤務は正直つらいです。
そこで上記の様な場合、退職をするにあたり損害賠償は請求されますでしょうか。
といいますのもプロジェクトは他社からの請負業務であるので、会社的には
数ヶ月単位で1人いくらという契約をしていると思われる為です。
稚拙な文章でわかりにくい所もあるかと存じますが、ご助言お願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.
ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

貴方の雇用契約が期間の定めのない雇用契約、いわゆる正社員であることを前提に回答させていただきます。
(もし違うようであればご返信にてご指摘ください)

まず、労働者には退職の自由が保障されていますので、会社は貴方の退職を拒むことはできません。

では、どれくらい前に会社に退職することを通知すればよいのかというと、民法627条「雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する」が適用され、2週間前に 通知すればよいことになります。

有給休暇が2週間以上残っているのであれば、有給休暇を全て消化し終わる日を退職日として、退職届を提出すれば問題ありません。

プロジェクトが他社からの請負業務であっても、そして貴方が退職することによって会社が損害を被ったとしても、その損害賠償を貴方に求めることは認められませんのでご安心ください。

労働者が何らかの理由で急に退職することは、会社経営の中で十分あり得ることであり、会社がその対策をとっていなかったことは、会社の責任だと考えられるからです。
そして、法律通り2週間前に通知すれば、貴方は何らその責めを負うことはありません。

また、念のため有給休暇の取得についてもご説明しておきます。
会社は「事業の正常な運営を妨げる場合」は有給休暇取得日を変更させることができるのですが(これを時季変更権といいます)、貴方のように退職を予定しているものに対しては、会社が時季変更権を行使することはできないとされています。

つまり、退職届提出日から退職日までを全て有給休暇に充てて出勤しなくても、構いません。
もっとも、貴方も仰るように社会人のマナーとして、引き継ぎくらいは行ってからのほうがよいと思いますが。




質問者: 返答済み 4 年 前.

早々にご回答頂きありがとうございます。


1点だけ確認させて頂きたくお願い致します。


以下の点につきまして、


---


有給休暇が2週間以上残っているのであれば、有給休暇を全て消化し終わる日を退職日として、退職届を提出すれば問題ありません。


---


私は有給休暇が30日以上残っているのですが、


その場合は残っている日数分(土日祝を除く)申請できるという認識で間違いございませんでしょうか。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

貴方の認識で間違いありません。

全ての有給休暇を消化し切る日を退職日とした退職届を提出して問題ありません。

 

退職日をいつにするのかは労働者の自由です。

 

(民法627条に抵触しない範囲で)

そして、会社が有給休暇の取得を拒否するのは労働基準法39条違反となります。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問