JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 416
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

会社で、少しでも恋愛の話をすると≪やる気がない≫という目で見られます。なぜ?以前は逆だったのですが。。またこういう話

解決済みの質問:

会社で、少しでも恋愛の話をすると≪やる気がない≫という目で見られます。なぜ?以前は逆だったのですが。。またこういう話を色めきだって聞きたがる人が自分のデスクのすぐ近くにおり、なにかとおせっかいで困ります。ある人が私に気があると嘘をつかれたことさえあります。実務には関係なくとも業務の妨害として会社や役員、管理職に注意を促すときの根拠は社内規定になると思いますが、一般的な法的根拠もありますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 4 年 前.

大変な状況の中御相談くださいまして誠に感謝しております。

 

近くの席の同僚が噂話等をされて仕事の邪魔になっているということですね‥

 

こうした従業員同士の関係につきましては労使間の法律である労働法令上では直接定められてはいません。しかしながら、職場は仕事をする場所ですし、私語等で仕事に支障が生じるとなりますと労働契約の義務が果たせなくなりますので、当然ながら就業規則上の制裁規定等に基き注意や制裁措置の対象になるものといえます。

 

そして、こうした業務に支障がある状態である事を知りながら会社が放置し、その結果貴方が仕事をしづらくなり心身の健康状態にも影響が生じるということになりますと、会社は労働安全衛生法や労働契約法で定められた安全配慮義務違反を犯しているといえます。或いはそこまでいかなくとも、会社には労働安全衛生法第71条の2に基き、快適な職場環境を作る努力義務がございますので、当然業務の妨害をする者に対して必要な改善措置を採る事が求められます。

 

従いまして、こうした業務妨害に関しまして、貴方が上司や会社に改善を訴えることは当然の権利ですし、遠慮なく改善を要求されるべきといえます。

質問者: 返答済み 4 年 前.


とても詳しい回答をいただきまして大変感謝しております。


 


もう一つ困っているのは、


例えば私がAさん(取引先の人)に好意を持っていたとします。


Aさんも気になり、では時間があるので会いに来ましょう、という話になりました。


そうすると、中にはもう私はこの人と結婚して寿退社するかもしれないから私に仕事をふるのは止めましょう、という先走った判断をする(ないしはしそうな人)がいるために私はなかなか恋愛に大胆になれません。


 


転職で今の会社に入ったのですが徐々に仕事内容も認められはじめたので自分のデスクの周りの妨害者は徐々に気にならなくなりだしましたが、


過去のそういういきさつから大胆になれなかったりしてうまくいかなかった関係を修復したり持ち直したりこれから築いたりしていきたいのが希望です。


 


この状況も上記で解説していただいた(大変詳しいものでありがたいです)内容の一つとして改善をお願いする権利に含まれますか?


 


言い方やいう相手、タイミング、はっきりとは言わないで徐々に状況を打開するよう別のアプローチをとった方がいいかもしれないとは思っています。


(コレ!というのは思いつきませんが、もしも過去のご経験で何かありましたらご教示いただけますと幸いです)

専門家:  jinjiconsul 返答済み 4 年 前.

こちらこそご返事下さいまして有難うございます。

 

そうですね、恋愛関係というのは仕事とは関係無くプライベートな事ですので、基本的には区別して考える事が必要といえます。

 

しかしながら、取引先の方が過去も含めてそういった関係ですと、会社としましても仕事を進めていく中で支障が生じるのではといった懸念を持たれるのもやむを得ないところです。これこそ法律では決められない難しい問題といえます。

 

それでも、理由がどうあれ、貴方が仕事をされるに当たって妨害を受けたりするというのであれば行き過ぎた行為ですので、改善をお願いすべきといえるでしょう。

 

また、非常にデリケートな問題でもありますので、むしろ会社には事実をきちんと理解してもらうことが大切でしょう。対応としましては、仕事には迷惑をかけないことを約束され、その上でこれ以上この事を職場で持ち出さないで欲しいといった要望を出されることで、きっちり線引きをされることが重要と考えます。

 

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問