JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

大阪在住の55歳の会社員(正社員)で輸出入の通関業務(通関士)をやっていますが私の評価が低いことを理由に今年4月より

解決済みの質問:

大阪在住の55歳の会社員(正社員)で 輸出入の通関業務(通関士)をやっていますが私の評価が低いことを理由に今年4月より退職勧奨を受けています。退職勧奨を断ったにも関わらず複数回にも亘り退職勧奨を受け続け、困ったので労働組合に加入した所、今度は退職に応じるか東京に転勤かと二者択一を迫ってきた為、団体交渉を申し入れ大阪での勤務の継続を希望しました。今までに四度の交渉を行いましたが、交渉では私の評価についての話し合いで話は平行線のまま未だ十分な協議はなされず合意に至っていません。団体交渉申入書の議題には労働条件の変更を行う場合、組合と十分に協議し合意して行うことと入れていますが、本日会社より東京への転勤の辞令を出すべく調整を開始すると通知されました。ご相談ですが団体交渉で十分な協議もなされず合意にも至っていないにも関わらず会社は一方的に転勤命令を出すことが出来るのでしょうか。労働組合法で無効とはならないのでしょうか。私の会社には労働組合が無い為、外部の労働組合(なかまユニオン)に加入しています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

会社での出来事、ご心痛お察し申し上げます。

まずは、会社が一方的に転勤命令を出せるのか、とのご相談ですが、会社には人事権や業務命令権が認められており、転勤命令を一方的に出すことは可能です。労働争議中であることは関係ありません。

 

ただし、会社の業務命令たる転勤命令が、嫌がらせ人事であればパワハラになりますし、労働組合の組合員であることを理由としたものであれば労働組合法で禁じられている不当労働行為に該当します。その場合はもちろん会社の転勤命令の無効を主張できます。

ここで問題となるのが、今回の会社の転勤命令が「不当」であることを労働者側で証明できるか、が最大のポイントです。

相手方の行為を「不当である」と主張するからには、自分がそれを立証する責任があります。会社が「ジョブローテーションの一環である」と言ってきた場合に反論できる確たる証拠がなければ、会社の転勤命令を「不当」とすることは難しいでしょう。

会社の人事権の有効性についてはとても難しい問題で、このように相手方の不当な行為であることを証明できないケースがほとんどです。

 

回答をまとめさせていただきますと、

「会社は転勤命令を出すことができ、労働組合法で無効とはなりません。ただし嫌がらせによる転勤命令(パワハラ)であったり、労働組合員であることを理由とする不利益な取扱い(不当労働行為)であれば、転勤命令の無効を主張できます。ただし、不当である立証責任は労働者側にあります。」

となります。

 

ご加入の組合にも、転勤命令の件をよくご相談された方がよろしいかと存じます。

質問者: 返答済み 4 年 前.


退職勧奨を断った為、東京への転勤を言ってきました。。東京への転勤は


私の会社での等級が下がり、給料も4万円~5万円下がります。業務の内容も現在の通関士でなくなり、貨物の内容点検と単純作業になります。


退職勧奨を断った為の報復人事と主張することは可能でしょうか。


その場合、転勤命令の無効を主張できるでしょうか。


 

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が遅い.
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

主張することはできます。

退職勧奨を断ったから、というものを具体的に証明できれば断る事ができるでしょう。例えば「退職勧奨を断ったから東京転勤にしてやる」などの発言を録音する、「退職勧奨を断ったため転勤にする」という会社の意思を書面でもらう、などです。

先の回答でも申し上げましたように、会社の人事が報復人事である、嫌がらせである事を証明しなければなりません。証明するという事は証拠がなければなりません。録音や書面はその証拠となります。もちろん「会社が退職勧奨を断った報復人事である、と言っていた」というような証言(証人)でもかまいません。

 

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問