JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

毎日十四時間労働です。休憩、食事もありません。 休みは日曜日ですが、四時間は出勤です。そのほかの時間もやりきれてい

解決済みの質問:

毎日十四時間労働です。休憩、食事もありません。
休みは日曜日ですが、四時間は出勤です。そのほかの時間もやりきれていない仕事をしなくてはいけない状況です。
手当とか有給休暇もありません。辞めたくてもやめさせてもらえません。どうしたらいいですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

会社の劣悪な労働環境、ご心痛お察し申し上げます。

会社の状況はわかりました。

恐れ入りますが、ご相談者様のご要望は「退職したい」という事でよろしいのでしょうか?ご相談されたい内容をお教えいただけますでしょうか?ご返信いただけたらと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

店長として働いています。


退職しなくては結婚をしているのでやっていけない状況です。給料も家賃六万引かれて十五万もありません。残業代もほとんどありません。体調が悪くても、結婚式があったりしても自分が仕事が出来ていないし、他の人におしえれていないくて変わりができる人がいないと自分のせいだからねと休みもありません。


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

さっそく回答させていただきます。

ご相談者様が正社員として何年も働いていらっしゃったのであれば、退職することもできますし、有給休暇を取る事もできます。

まず民法627条で労働者の退職の自由が認められています。退職の申し出(退職届の提出等)から2週間が経過すれば退職することができる、と法律が認めているのです。「代わりの人がいない」とか「今、辞められては困る」といった会社の事情は関係ありません。2週間で退職できます。

そして退職の申し出から退職日までの2週間の期間に有給休暇を取る事も認められています。というよりもご相談のケースで会社は有給休暇の請求を拒否することはできません。退職予定者だからといって有給休暇を与えない、などという行為は許されません。労働基準法違反です。

 

ですので、ご相談者様は自信を持って退職届を提出し、退職までの期間の有給休暇を請求して下さい。退職届に「民法627条に基づき・・・」という文言を入れるのも効果的でしょう。

ご相談者様が退職する法的根拠を会社側に伝えても退職させてくれない、有給休暇を取らせてくれない、という対応をされるようであれば仕方ありません。労働基準監督署へ申告して下さい。

労働基準監督官は労働基準法違反の罪について司法警察官の職務を行う、と労働基準法で定められておりますので、会社の違法行為に対して行動してくれます。

労働基準監督署内に、総合労働相談コーナーという窓口がございますので、その窓口に申告していただければと思います。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問