JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

私は私立の中学高校に勤務する者ですが、昨日管理職との面談があり、一方的に勧告を受けました。奉職して来年で30年目を迎

質問者の質問

私は私立の中学高校に勤務する者ですが、昨日管理職との面談があり、一方的に勧告を受けました。奉職して来年で30年目を迎えますが、1998年から2013年までに私が規律を乱し、職員室に迷惑を掛けたという罪で、今後同じ事を1回でも起こした場合、懲戒免職にするとのことでした。学校で組織されている組合の方からも弁護士にご相談すべきだという助言を頂きました。詳細に関しましては、改めてご相談致します。不当解雇されない方法を教えて頂ければ、幸いです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

会社での出来事、ご心痛お察し申し上げます。

上司が言っている解雇の理由がわからないので、解雇しようとしている理由に合理性がない、という前提で回答させていただきます。

「不当解雇されない方法を教えて頂ければ、幸いです。」

とのご相談ですが、そもそも企業には解雇権が認められています。しかし認められているといっても合理的理由がなければその解雇は無効、とされています。

そして不当解雇とは、合理的な理由がないにもかかわらず解雇してくることを言います。つまり不当解雇を完全に防ぐことは不可能です。相手方の行為が不当なわけですから。

しかし相手方が不当解雇をしようとすることに歯止めをかけることは可能でしょう。

例えば、上記の「合理的理由のない解雇は無効である」ということをあらかじめ相手方に伝えておく、弁護士に相談して「弁護士に相談している」ということを相手方に伝える、労働基準監督署に相談して「労働基準監督署に相談している」ということを相手方に伝える、などが挙げられます。

つまりご相談者様が不当解雇に対して万全の準備をしている、ということを相手方に伝える事で、不当解雇しようとする動きをけん制することができます。

まとめますと

①「解雇しようとしている事に合理的理由がない」と相手方に伝える。

②弁護士に相談してそのうえで、「弁護士に相談している」と相手方に伝える。

③労働基準監督署に相談してそのうえで、「労基署に相談している」と相手方に伝える。

④組合にも既に相談し「弁護士に相談すべき」と助言があった、と相手方に伝える。

これらの行動を取る事が考えられます。

全てを満たす必要はありませんが、まずは①③④は行動した方がよろしいでしょう。①③④の行動はお金もかかりません。

 

 

詳細については改めて相談、とのご相談者様のご意向ですので、本件ご評価後に改めて詳細についてのご相談を投稿いただけたらと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

雇用・労働 についての関連する質問