JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

パワーハラスメントで告訴します。 公的な機関に相談することにしました。 まだ、録音の証拠も時系列のメモも

質問者の質問

パワーハラスメントで告訴します。

公的な機関に相談することにしました。

まだ、録音の証拠も時系列のメモもありません。
ですが、上席の誰を相手どるのか決めました。

相談とか苦情を聞いてほしい段階は過ぎました。

この場合、労働基準署に行くのがいいのでしょうか。
直接、弁護士に依頼するのがよいでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 

>まだ、録音の証拠も時系列のメモもありません。

→証拠の録音とテープ起こしした書面が必要です(弁護士に相談に行く時点で

必要です)。


ですが、上席の誰を相手どるのか決めました。

→上司を相手に訴えることはできません。制度上あなたが法人としての会社を訴えることになります(使用者責任=不法行為及び就業環境整備義務違反=債務不履行)。

上司は利害関係人に過ぎません。

 


>この場合、労働基準署に行くのがいいのでしょうか。
直接、弁護士に依頼するのがよいでしょうか。

→前者はたぶん追い返される可能性もあります。残業代未払いでいくところです。

後者は会社がわに立つ経営側の弁護士に相談してはいけません、労働者がわの人に相談することです。

 

 それにしても、時系列に沿ったメモと録音がないと弁護士によっては相手にしてくれない可能性もありますので、そんなことで落胆しないでください。

 

 特定社労士も少数ですが労働者がわにたってあっせんを行いますので、弁護士費用がかさむときは一度利用してください。私どもは、ご本人の聞き取り、合法的証拠収集=録音指導、時系列に沿ったメモの原稿作成まで行っています。

 

※雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第2条1項3号 相談・指導)。具体的訴訟事件について一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


録音、メモを作る効果的な方法がわかりません。


指導相談してほしいです。


kinokawaさんは受けてくれますか。


 


会社は東京都にある会社で、私は正社員です。


 

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

ICレコーダが8,000円前後であります。これでパワハラとおぼしき会話を無断録音してしまうのです。

 

 電話機にセットできる簡単な装置をオプションでつけると、固定電話の会話(ケイタイも含む)を録音できます。それをパソコンに転送して再現、文字化してしまいます。ネットで検索すれば、1万円前後で全部そろえられます。

 

 http://www.biccamera.com/bicbic/jsp/w/audio/ic/tel.jsp

 

 

 時系列に沿ったメモは、大したものでなくてもよい、要するに日記です。それを後で時間的に並べ替えるわけです。

 

 日記は、何時、どこで、誰に、何といわれたか、何をされたか(セクハラの場合)、それを同感じたか、等です。

 

 思い出せないなら、直近のものからさかのぼればよろしい。

 

 録音は実は絶対必要ではないのですが、監督署、ハロワなどはなかなか意地悪いことをいい、録音がないとダメとかいったりするのです。

 

 質問者様とは遠く離れているので、書面のやりとりだけでは無理ですね。

 

 そもそもこのサイトはアドバイスだけで、事務所や個人名特定できるような表示や、業務の受託・依頼・紹介を禁止しているので、お引き受けすることはできません。そういうルールなのでご了承ください。

 

 東京でしたら、東京都弁護士会、東京都社労士会等で相談し(後者は無料)、そこで、「労働者がわに立つ」弁護士なり社労士を紹介してもらうことです。

 

 

※雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第2条1項3号 相談・指導)。具体的訴訟事件について一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。



雇用・労働 についての関連する質問