JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

就業規則で休職最大期間があります。ただ、問題はその後どうするといったことについて記載がありません。 その場合は、会

解決済みの質問:

就業規則で休職最大期間があります。ただ、問題はその後どうするといったことについて記載がありません。
その場合は、会社としては最大期間を過ぎたので退職していただくようにお願いしたいと思っていますが、
それは法律的には問題ありませんか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
労働契約とは 、そもそも労働者が使用者に労務を提供することに対して使用者が労務の対価として賃金の支払いを約束するものです。

そのため病気等によって労務の提供が出来ない場合であれば、労働者が労務の提供を出来ない場合は労働契約が成立しないことになります。この場合債務の不履行に当たるため会社側から契約を解除することが可能となります。

ここで注意が必要なのは、あくまでも労働者が病気等によって労務の提供をすることができないことを理由として契約の解除となりますが、これは労働者が仕事が出来ないから自然退職ということです。

病気を理由とするとはいえ会社側から解雇すると言ったことは言わないようにするべきでしょう。

なお就業規則には、休職期間満了をもって自然退職とするというように記載をしておくことをお勧めします。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問