JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

レジバイトをしているものです。 レジの違算金2000円を出してしまいました。 原因は、大きい方を先に返した後、小

解決済みの質問:

レジバイトをしているものです。
レジの違算金2000 円を出してしまいました。
原因は、大きい方を先に返した後、小銭をお渡しするのですが、
その時、レジの500円がきれていて焦っていたので、小銭を返すまでに少し間が
開いてしまい、お客さんも忘れてしまわれたのか、5000円出したのに、お札のお釣りは?
と言われて、自分も焦っていたのでそのまめ出してしまったためと思われます。
そして、レジしめの時に、その2000円を弁済しました。

レジの違算金の弁済は違法と聞いたことがあったのですが、詳しく教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 「5,000円出したのに」というのは、つり銭詐欺ですかね?それにひっかかったのですね。

 

 軽過失(些細な不注意)によって、損害が発生したとしても、その損害の発生が日常的に(一定の確率で)発生するような性質のものである場合は、損害の発生はいわば労働過程に内在するものとして、損害賠償義務は発生しないと解されます。

 

 なぜなら、このような損害は、使用者としても当然予見できるものであり、労働者を使って利益をあげている以上(報償責任)、そのリスクは使用者が甘受すべきものと解しても問題ないからです。

 

 

 ★雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第2条1項3号 相談・指導)。企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

質問者: 返答済み 4 年 前.
私はこのあと、どのような行動をとるべきでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
以上の回答をふまえて、仕事先に私はこの後どのような対応を取るべきでしょうか。
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

イ 会社が賠償請求をしてくる場合

 

 拒否できます。賃金からの控除は、労働者の同意なくして行うことはできません。

 

 但し、質問者様にも過失があった場合には、労働者がわも何割か負担するということで、合意相殺を行うことはできます

 

 ロ 会社が賠償請求をしない代わりに退職勧奨をしたりする場合

 

 このような脅しに応ずる必要はありません。

 

 ハ会社が損害賠償請求をしない限り退職させない場合(月々の給与から天引きの形で支払ってもらう)という脅しをかけてくる場合

 

 損害賠償義務がある場合でも、その弁済と退職とは関係ないので、自由に退職できます。

 

 

★雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第2条1項3号 相談・指導)。企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。


 

 

 

kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問