JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

ご相談させてください。 60歳定年後再雇用で5年間、定年前と同じ賃金での契約で就労をしていました。 現在63歳で

解決済みの質問:

ご相談させてください。
60歳定年後再 雇用で5年間、定年前と同じ賃金での契約で就労をしていました。
現在63歳です。先日、11月から賃金を半分にすると一歩的に通知されました。
半額になっても仕事内容や就労時間は現状のままです。
現状の賃金で生活設計をしていますので、生活が一変してしまいます。
急な賃金のカットではなく減給は段階的にするよう申し入れるなど何か解決策はないものでしょうか
司法で解決できるのであれば手続きしたいと思っていますが、それで改善できるのかもわからないのでご指導お願い申し上げます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。
会社からの一方的な賃金カット通告、さぞお困りの事と存じます。ご心痛お察し申し上げます。
そもそも契約期間中の一方的賃金カットなど、認められる行為ではございません。労働契約法3条及び8条にて労働条件の変更には労働者の合意が必要、と明確に定められております。
それでも会社側が強行してくるようであ れば、第三者に介入してもらい、解決を図るしかありません。
具体的には「あっせん」や「労働審判」といった個別労働紛争解決制度を申し立ててあっせん委員や労働審判官といった第三者に会社の行為の是非を判断してもらう事です。
あっせんは労働局が管轄なのですが、労働基準監督署でも受け付けてもらえます。
まずは労働基準監督署に相談され、あっせんや労働審判についてのレクチャーを受けた上で今後の行動方針を検討されたらいかがでしょうか。
労働基準監督署内の総合労働相談コーナーで、相談やあっせんの申し立てを受け付けてもらえます。
sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問